好きなものを描いたり語ったりするブログです
ザオボーさん黒幕説とか
2017年10月15日 (日) | 編集 |
だいぶ元気になったので連載を少しずつ書き進めたり、いかがわしいポケモン二次をこっそり書いていたりします。
いかがわしいのは鍵かけてるんですけど、PVがゼロのやつが未だに1つあって、ここよ……私はここよ……と需要のある人の脳に直接語りかけたいです(迷惑)

去られ系フラれ系も癖になってるので内々に書いてますが、なろうの創作はできるだけ明るいものをこれからも書いていきたいです!


* * *


以下、USMネタバレ注意



といってもあんまりネタバレじゃなくて、むしろわからないことを書いてるのですが……

新要素がいろいろと発表されてる一方で、既存の要素がどうなるかがほとんど発表されてないんですよね。
ストーリーにしろ出現ポケモンにしろ、発表されない=変化がないということだと見なしてますが、厳選したいポケモンがいる場合、そこを安易に考えて予約できないのが苦しいところ。

とりあえずUBの振り分けをネタバレしてくれ〜と思うのですが、これは敢えて明かさず、前と被ったのを買っちゃったらもう1バージョンも買ってね♡という悪どい商法なんじゃないかという気がしてきた。
えーーーーでもなーーー。
前はルナアーラだったから今度はソルガレオが欲しい、となるのがほとんどのファン心理だと思うのですが、でもUBの振り分けは逆ですとか、そんな酷いことするかしらねえ……。

と、ぐるぐる考える日々です。

あとルガルガンね。
黄昏のレベルアップ時間がUSとUMで違うのは発表されてるけど、肝心の昼と夜のレベルアップ条件が前と同じなのか逆なのかがわからないのよね。
サンドとロコンは前と同じだから、多分こっちも同じなんだろうなとは思うけど。


ストーリーの変化はあまり期待してないのですが、ウルトラ調査団が追加された一方、スカル団とエーテル財団の扱いがよくわからないんですよね。まあ変化しない可能性が高いと思ってますが……。

ルザ様がグズマくんを下敷きにして、誰かに向かって「バケモノ」と言ってるシーンが話題になってるんですけど、その相手が新しい黒幕になるんじゃないかと言われています。

で、それがザオボーさんだと言ってる記事を見かけて笑ってしまったのですがwww

ちーがーうーよー絶対。
強化はしてほしいけど黒幕できないよあの人。
あるとしたらビッケさんのほうが面白いし。

黒幕で、最後はやっぱり防衛戦に来るとかだったらずっこけるし一生ついていくけどね!!

ザオボーさんのモクロー投げ

アニメのザオボーさんがモクローをぶん投げるということで、とても楽しみにしております。
ゲームとアニメではキャラがだいぶ違うので、華麗なるアンダースローは見られなさそうです。残念。
アニメも可愛いけど、やっぱりメンタル強そうなゲーム版が好き。
USMでメガフーディンとアロライZ使ってほしいな〜。
スポンサーサイト

創作の話
2017年10月08日 (日) | 編集 |
最近、去られ系フラれ系のお話ばかり書いてたことに気づきました。
いや書いてるうちから気づいてました。
意味はあまりないのですが語らせてください・笑

「りんごの精の物語」
谷山浩子「森へおいで」の性別逆バージョンを意識して書きました。
誰かと作った思い出でも、共有するのは難しいなと日々思います。
記憶は一人一人のものだから、記憶力の良い人っていつも寂しい思いをしていそう。

「大きな煮卵」
人によってはほんわかに見えるし、ぶっ飛んだメルヘンにも見えると思います。
でもこれを読んで泣いてくださったという方がいて、ちょっと嬉しかった。
自分の一部を切り分けて与えてでも共有したい寂しさ、がメインテーマな気がします。

「廃人リーリエ」
以前宣伝したポケモン二次ですが、同系列だと思ったので。
ミツル先生は常に誰かの目的地にはなれず通過点になっていそう。
グリーンさんのようなラスボス系ライバルじゃないから、いつも去られる側なイメージ。


基本的には明るい話を書くほうが好きなので、いつものコンディションに戻していけたらいいなあ(⌒-⌒;
どうも創作時の気分が不安定な時期が続きましたが、美容室やりん子シリーズはやっぱり元気いっぱいで書きたいので。
ポケモン二次も暗くなりがちだったけど、これからはもっと笑える話を書きたいです。

新しいUBやキャラについて
2017年10月06日 (金) | 編集 |
アニポケのエーテル回を見ました。
ルザミーネ&リーリエの描き方がとても自然で、なんでゲームでこれができなかった?と思います。
サトシがほしぐもちゃんと出会ういきさつも少年漫画っぽくて、王道だけどスッキリしていて良かったです。
なんでゲームでこれが(二度目)

ザオボーさんもビッケさんもめちゃくちゃ可愛かったです。
この二人がサトシの家にいる構図がシュールすぎて、いっそもう全員住んじゃえよと思いました。
いや、実際はククイ博士の家だけど……。

ザオボーさん可愛いけどちょっとキャラ違うな、というのが私の感想ですが、他のファンの方はゲームに忠実だと言っていたので、私が色眼鏡で見ていたのでしょう。色眼鏡で見るにふさわしいキャラじゃないですか!


以下、USMのネタバレを含むので、シャットアウトしている人はご注意ください。




新しいUB3体のタイプ、ソルルナライド、ウルトラ調査員、ウルトラメガロポリスなど、新しい要素が次々に発表されました。
ただこれを見て、ストーリーが一新されるとはちょっと言えなさそうな雰囲気です。
伝説と順伝絡みの部分だけなので、リーリエ係長とお勤めをする本編はほぼ変わらないんじゃないの?と思っておきます。

でもまあ、UB編が変わるとするとハンサムイベントにテコ入れが来るということなので、そこは良いほうへ考えたいです。ハンサムさんじゃなくてクチナシさんをメインにしたほうが女子票得られると思うけどな。

一番気になるのは新UBですが、

スティッキー:毒
可愛い。映画配布の幻みたいな外見だけどUBにしちゃって良いのか?

バースト:炎霊
サン限定。新技「ビックリヘッド」は自分の首が飛ぶわけですが、まねっこで他のポケモンもできるの?

レイ:岩鋼
ムーン限定。格闘と地面4倍でみんながっかりしてるんですけどどうしたらいいんですか?

バーストがわりと気に入ってるのでサン買おうかなと思ってます。
他のUBの割り振りは旧サンムーンと同じなのかしら?
そこを逆にしてくるとかだと悩ましいな。

人間キャラ追加は……うーん。
まともに動かせるなら良いけど、正直その力量があるようには……。
ウルトラ調査員のスーツがアクロマさんに似てるのは気になりますが。

またポケモン尽くしですが
2017年09月28日 (木) | 編集 |
ポケモンのストーリージャックについて。
(いきなり攻撃的になるなよ)

巷ではメアリー・スーと言われてますが、これはもともと二次創作に出てくるキャラを指す用語なので、意味が広がったとはいえ使いづらいです。なのでストーリージャックと呼ばせていただきます。

ポケモンで思い浮かぶのはNヒガナリーリエの3人ですが、私は若干ヒュウも疑わしい、さらにはAZも……、と、このくらいが範疇になってます。

でも実際によく挙がる名前はヒュウやAZではなくハンサムなんですよね。
私もこの人あんまり好きじゃないのですが、そこまで乗っ取られた感はなかったです。

プラチナで初登場し、BW2の七賢人イベントでも登場し、XYのクリア後にも登場し、サンムーンのUBイベントにも……あっ、乗っ取られてましたすみません。

あれですね、ハンサムは「クリア後ジャック」です。
そんなに特徴のあるキャラではないと思うのですが、こうも複数のシリーズにまたがって登場していると「何でこの人だけ?」という気持ちにはなります。
ORASには登場していませんが、ORASのクリア後ジャックはヒガナですから、さすがに敵わなかったですね。
ヒガナを追う役としてハンサムをぶつけたらどうなっていたんだろうと興味深いですが、そこはダイゴさんの席なのでやっぱり取れない。

ハンサムは強弱関係でいうと他のジャックさんに負けるのですが、入れるところにスルッと入って長く生き延びるタイプだと思います。
うーん、すごく嫌いかと聞かれるとそんなことはないです。でも、めんどくさいキャラだなあとは思います。
プラチナやXYは警察の存在が希薄だから仕方ないですが、サンムーンはクチナシさんを筆頭に警察官があちこちにいるので、何も彼を出張させなくても良かったのでは?

他には、シロナさんも若干言われているようです。
まあ確かに出演作品が多いですし、プラチナではちょっと異様なほどヒロイン扱いだったかなとは思います。
ダイゴさん共々、ストーリーを乗っ取ってはいないけれど特別扱いが過ぎる感はありますね。
サンムーンではツリーにいるだけなので(私もお世話になったしw)出すぎているとは思いませんでした。

というか、アクロマさんとギーマさんとジナ&デクとリラさんはストーリーに多少関わったじゃないですか。
シロナさんとミツルは全く関わってないんです。さすがに自重してくれたんじゃないかと思いますよ。単にツリーに没頭しすぎて出てこられない設定なのかもしれませんが。

(あ、違うわ、この二人は仕事ができすぎて本編に絡ませるとリーリエ係長の立場がry)

谷山浩子「月に聞いた11の物語」感想
2017年09月24日 (日) | 編集 |
アルバムレビューの前に身も蓋もないですが、カミツルギの話のアンケートをあからさまに変えました。
読まなくてもいいのでどれかに入れてほしいですw



アンケ



いや本当はこの中には答えはないとわかってます。

・グズミヅ、グラミヅなどメジャーCPを扱う
・リーリエ上司を崇める
・オリキャラを出したり人気作品とのクロスオーバーにする

これが正解ですよねわかります。。。
でも書くのは私ですからね!


 * * *


さてさて遅くなりましたが、浩子さんのアルバムの感想を簡単に書きたいと思います。
今回は本当に全部が全部好みでした。
「歪んだ王国」以来の、コンセプトごと大好きと言えるアルバムだったかも。

1・きつね
聴いた途端「ロックハートだーーーー!」と思ってしまった。
本当はもうちょっと年上の偏屈な学者タイプの男性をイメージしてるのかな。
僕は屑ですらない、ってすごい言葉だな。

2・サンタクロースを待っていた
一瞬でも普通のクリスマスソングかと思ってしまった私は修行が足りなかったです。
曲調は明るいけど「Elfin」に似た狂気を感じました。
ゴーストタウンにやってくる黒いサンタクロース、怖いです。

3・旅立ちの歌
切なくてすがすがしい、新しいはじまりの歌。
「岸を離れる日」に似てますね。
親しんだもののそばにいたいけれど新しいものに惹かれていく気持ち、大事にしたいです。

4・城あとの乙女
とても聴きやすいメロディー。
クロノトリガーの「歌う山」とかジブリの「君をのせて」が好きな人にオススメ。
帰らない人を待つ歌詞は「鳥篭姫」の後日談のようにも聞こえます。

5・白雪姫と七人のダイジョーブ
うわあ、これは……ひきこもりを抱える親?
それとも地球の資源とかそういうものを暗喩してるのかな?
ダイジョーブという言葉がとても不安をかき立てます。

6・無限マトリョーシカ
あれですね。紅マグロ系。コンサートで一番盛り上がるタイプの曲です。
紅マグロよりロック調で好みですが、モチーフと曲調が某ボカロ曲を思い出させてしまう。
歌詞の内容は全然違って、一種の自家中毒? どこまで行っても逃れられない自分、みたいな。

7・ジリスジュリス
二匹のリスの歌ですが、名前が似てるので「MAY」みたいな自己投影型を一瞬想像してしまいました。
そしてイントロがポケモンDPの最初の道路に似てるw

8・パズル
あーーーすごく好き。曲調はこれが一番好きかも。アコーディオンも良いです。
と思ったら作曲は浩子さんじゃないのね。
相手を化かすような、誘い込むような歌詞はさすがと言いますか、すごく浩子さんらしいです。

9・螺旋人形
唯一これがわかりづらいというか、若干聴きにくかったです。
書きながら今も聴き込んでるのですが、意味よりも言葉の響きが重要なのかな。
と思ったら中盤に怖いところあったね・笑

10・秘密の花園
新井昭乃さんとのコラボ曲ですが……今の自分にはとても痛い。
二人で一緒に楽しんでいると思い込んでいたことが、実は……ああああすごく痛い!!
冷静に聴くと「森へおいで」のアンサーソングにも思えるのですが。

11・金色野原
泣ける。それしか言えない。
昔だったらきっとあまり心に引っかからない歌だったんだろうな。
『西の魔女が死んだ』主題歌の候補曲だったのですね。


何度聴いても思いますが、近年の浩子さんのアルバムの中で一番好きです。
恋愛ではしゃいでいる曲やドロドロになっている曲がなくて、綺麗で残酷な絵本のような世界観がすごくいいな、これが浩子さんの一番の持ち味だなと思いました。
滅多に買い物をしないのですが、この一枚は買って本当によかったです。