好きなものを描いたり語ったりするブログです
ワンダリングワンダーワールド4巻感想
2017年07月26日 (水) | 編集 |
発売からだいぶ経ってしまいましたが、ワワワ最終巻を読んだので感想を書きます。

まず……何よりも。

一重兄ぃ〜〜〜〜〜〜!!
ギブス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

彼らの活躍があって嬉しいです。
一重はこの作品の良心なので、ちょくちょく映りはするだろうなと思ってましたが、予想以上に良い動きをしてくれた上、キャラも変に掘り下げたり崩したりせず、最後まで真っすぐでいてくれました。

ギブスはもう、全然期待していなかったので、まさかの大活躍に心臓をわしづかまれました。
サイが追われる身になってピンチに陥ったところで、歯をむき出して笑った口元がアップになった瞬間、来たーーーー!と思いましたよ。
トリックスターですね、ギブス。
他の人と違う動きをするから、込み入った場面にスッと入り込んで主人公を助けることができる。
味方につけると厄介ですが、泳がせておくと役に立つ。ものすごく良い役どころに落ち着いてくれて嬉しいよ。。。


なんか昔に描いてた(笑)

ギブス


お話としても、思ったよりずっと綺麗にまとまっていました。
真皇とは何なのか、という説明が若干わかりづらく、まつろわぬ者というのも曖昧な表現でしたが、それが何かということよりも、陰鬼が祭り上げた真皇をどうやって退治するか、同化してしまった鉄心をどうやって助けるか、ということに重点を置いて展開させていたのであまり気になりませんでした。

真皇に取り込まれた鉄心をサイが取り戻しに行くシーンは、ローゼンメイデンを読んでいた人ならすぐに「あ!!」と声が出たんじゃないかと思います。
雪華綺晶と同化しためぐを水銀燈が助けようとするシーンにそっくりですね。セルフオマージュと言ってもいいのではないでしょうか。

真皇の横に獄吏丸が立って指揮をとっているのも、皆人くんが雪華綺晶に号令をかけていたのと同じ構図です。
戦闘シーンとしては、ローゼンよりも良く描けていたように思います。

このお話の良いところは、味方サイドが騙し合ったり利用し合ったりしているように見えて、実は一人も悪人がいないところ。
全てを自分の手の上で操っていたリックさえも、「絆の力で陰鬼に打ち勝ちたい」という健全な目的を持っていました。その絆の象徴が「おにぎり」であり、「人間関係」であり、生きた世界と自分を結びつける全てのものが力になるのでしょう。

リックが自分を犠牲にして仲間たちの絆の力を最大限に引き出し、全員の命を救ったのも、ローゼンのラストで真紅が選んだ道に通じますね。
最後、リックの意思を継いで鉄心が戻ってきてくれた時、世界に陽のエネルギーが満ち溢れるのを感じました。
「ボクは世界の主人公だよ」という言葉で、やっぱりこれは鉄心の物語だったんだと思えました。

さて、ヒロインである伊吹には、正直あまり興味を持っていませんでした。
嫌いではないし、真っ当な感覚を持つ女の子だと思いますが、他のキャラが面白すぎて惹かれる部分がないのよね。
最後、両親のお墓に手を合わせる場面は少し共感できましたが、全体で見るとやっぱり弱かったです。

どちらかというと二花のほうが好みでしたが、彼女はミニマム男子フェチではなく、純粋に一重兄だけを想っていてほしかったです。あんなに兄ぃ兄ぃと連呼しながら、サイに上目遣いで擦り寄られたら簡単に落ちてしまうなんて、ちょっと軽すぎやしませんか。筋金入りのブラコンであってほしかった。

サイは冒頭では一番好きだったのですが、どんどん絵柄が中途半端になったのと、伊吹とくっつくのが見え見えになってきたので、中盤以降は気持ちが離れてしまいました。
サイも伊吹も筋の通った良いキャラなのですが、どうしてもこの二人が一緒にいると、二人でよろしくやってよ……という気になってしまいます。一人で好き勝手に動けるギブスのほうが好きだ。

絵柄は不安定だったなと思います。
サイの顔型や表情が毎回違ったふうに崩れているのが気になりました。
その点でもギブスはこれ以上崩しようがないので見ていてラクでした(褒めすぎ)

一重兄も中盤までは崩れなかったのですが、最終巻はちょっと怪しかったです。
特に最後の帽子を脱いで普段着姿になっているところ、衣装が違うから仕方ないとはいえ、女の子にしか見えなくて……。
二花もそうですが、動きは良いのにところどころ雑に見えるのが気がかりでした。


長くなりましたが、ローゼンメイデンの作者というだけで飛びついたこの作品、思った以上に良かったです。
もっと後味の悪いラストになることも予想していたので、普通に泣けてびっくり。
そしてとにかくやっぱりギブスが好きです。彼の活躍があっただけでも当たりでした。読んで良かった!!


<追記>
書き忘れた。
何がそんなに泣けたって、瀧夜叉が死ぬシーン。
それほど気にしていたキャラではなかったのですが、もう一度おにぎり食べたかった、の一言が強力すぎました。
まさか瀧夜叉で泣くとは。とんだ伏兵でした。

スポンサーサイト
おまけのルシフェル
2017年07月25日 (火) | 編集 |
ルシフェルとの旅・ちょっと詳しく(笑)

20戦目を過ぎてから自分のほうにヘイトが集まり出し、主導権を握りづらくなりました。

ツリーの敵は基本的に、弱点を突ける相手がいたら真っ先に狙う仕様になっています。
それ以外の場合、どうやってターゲットを決めているのかは謎です。
20階まではブラッキーにヘイトが集まっていたのですが、それも偶然なのかどうかわかりません。
徐々に徐々に、私のテテフが狙われるようになっていくのは歯切れの悪い怖さがありました(⌒-⌒;


ルシフェル緑1


ルシフェル緑2


ルシフェル緑3


テテフが落ちるとカリンさんのようなパーティになってしまう(笑)
珍しくフィールドを書き換えられて緑になったので撮影しました。
爽やかルシフェル。



30戦目、ここも突破。

ルシフェルとグズマとマオ


ここまでは、ブラッキーが落ちることはほとんどありませんでした。
ところがこの後、敵のAIが賢くなったのか、真っ先にテテフとヘルガーを袋叩きにするようになったため、簡単に負けてしまいました。

ていうか普通はそうするよね!

テテフを放置してブラッキーをじわじわ削ってる人、見たことないですもの。

30階から先は個体値も最高になって、明らかに敵が強くなるのですが、ひょっとしたらAIも違うのかもしれませんね。
そしてそれはスカウトした時にも反映される……?

うぅ。よくわからない。
でももしかしてAIって、キャラごとではなくポケモンごとに決まってるのかなあと思いました。
スカーフガブならシロナさんでもミツルでも同じ動きをするし、スカウトした場合もやっぱり同じなんじゃないかと。

キャラの見た目に騙されてしまいがちですが、要はどれだけ良い組み合わせを引くか、ということなんですよね。


ルシフェル負けた


でも可愛いって大事だと思う。
ルシフェルとるんるんツリー旅
2017年07月23日 (日) | 編集 |
耐久パはダメって言ってるのに!
でもたまには……ということで、ルシフェルと登ってみました。

ルシフェル1

この感じ、ザオボーさんのポジション狙ってますよね絶対!
グラジオがいなければ……なんて考えていないでしょうか。
そもそもルシフェルってもともと善側だったのか、改心した一派なのかが気になります。

さてさて手持ちはブラッキーとポリZ。あんまり期待していなかったのですが、それなりに勝ち進むことができました。


ルシフェル2


ルシフェル3


ドSお嬢様キャラとして密かに気に入っているヘレンちゃん。
2回も来てくれました〜♪
もっと虐めて虐めて! でもルシフェルは幼女に虐められるタイプじゃないな。

ヘレン


ルシフェル4


ブラッキーと組んで何が楽って、盾になってくれるところ!

耐久型と組むと、たいてい私のテテフが真っ先に狙われて落ちてしまい、残った相方が泥試合をする……というパターンに陥るのですが、今回はそうなりませんでした。
なぜか敵の攻撃がブラッキーに集中し、それも耐えてくれるので、前半はとても楽でした。


10戦目でメガルカリオ&スカガブ登場。


VSシロナミツル


ガブの逆鱗とルカリオのインファイトをブラッキーが全て受けてくれたので、その間にテテフで4タテすることができました。
ルカリオに遠慮して地震を撃たなかったガブさん……泣ける。


さてさて、ルシフェルの戦い方なのですが、基本的にブラッキーで鈍いを積んでしっぺ返し、HPが減ってきたらねむカゴ、というパターンです。
このねむカゴを「えっ?」というほど早いタイミングでやってしまうのが少し困ります。
HPが4分の1くらい削れると早速眠ってしまう。
カゴを消費した後でも、平気で素眠りします。

それでも泥試合パターンになることはなかったのですが、20戦目でついに……!


ルシフェルとアクロマさん


ここで急にヘイトが私のほうに向かい、一方的に倒されてしまいました。

ルシフェルのポケモンはまだ2体とも残っていましたが、ブラッキーが地獄の泥試合を初めてしまった!!
ああああ、やっぱり避けられなかったか。


ルシフェルとアクロマさん2


鈍いを積んでは眠り、の繰り返し。ほんの少し削られただけでも平気で素眠り。
やめてーーーー!と思いましたが、10回近く繰り返した後で「きりふだ」を使い、何とか倒してくれました。
ああそうか……きりふだ使うために無駄にターンを消費してたのか。

こんな感じで20戦目まではそこそこ順調に来ましたが、この先は自信がないです;;
でも行けるところまで行ってみようかな。。。
好きなポケモン♪
2017年07月21日 (金) | 編集 |
ツイッターのほうでポケモンのお題を拾ったのでこちらで回答しまーす!
昔はよくサイトで100質なんかに答えていたので、こういうの大好きなのです♡

1・好きなポケモン
多すぎるのでアローラ限定で答えます!
それでも迷う……けど、やっぱり最初に選んだアシマリ。
次点でアロライ。でも一番よく使うのはテテフです。種族値の暴力。

アシマリ


2・嫌いなポケモン
エンニュートの質感が怖い><。
実際に出会ったら腰が抜けそう。


3・メガしてほしいポケモン
ゴウカザルで、特性あまのじゃく。
インファするたび耐久アップ、オバヒするたび特攻アップ!
でもタスキのほうが強かった……とか言われるんだろうなどうせ。


4・過去最高レート
レート戦はやりません。大会の時も3戦しかやらないので1500台から動きません(笑)

ウォーリーミツル


5・好きなタイプ
初代→草
金銀→悪
DP→水、電気
BW→格闘
XY→フェアリー
今→エスパー

旅パで活躍したタイプを好きになりやすいです。


7・好きなメガポケモン
デンリュウ♡

メガデンリュウとジュペッタ


10・好きな世代
今はもちろんサンムーンに夢中ですが、思い出深いのは4世代。
ちまっとしたドット絵だけど綺麗で可愛くて、あれが1つの完成形だったんだなと。
御三家とかレントラーとかすごく好きです。


闇サトシがきっかけでポケモン復帰して、はや10年……ぐらいかな?
冷めたりハマったり波はありますが、この半年は久しぶりにどっぷり浸かって過ごしました。
まだまだツリー登ったり、二次を書いたり楽しみたいなあと思います。
付き合ってくださっている方々、本当にありがとうです(´▽`*
青い表紙が良いですね
2017年07月17日 (月) | 編集 |
また少し本を読んだので感想を。

安東みきえ『迷いクジラの子守歌』
海の生き物たちの共生、子育てなど、実際の生態に合わせてドラマチックに物語を作っています。
短編なので読みやすいです。ちょっと美談すぎるかな?と思うところもありますが、避けられない死や別れも綺麗に演出されていて、ほっこりした気分で読み終わりました。

岡田淳『わすれものの森』
タイトルと装丁を見ると、もう少し詩的で寂しげな話なのかな、と思いましたが、こちらも軽く読めるタイプのお話。小学校3〜4年にちょうどいいと思います。
置き忘れたものを集める人たちがいて、それは森へ運ばれて、しばらく経つと果物のようになってしまう、という発想がとても好きです。お笑い芸人のようなサントスとニブラのキャラも良かったけど、忘れ物をしたことを執拗に悔い改めさせるのは現代の風潮に合わないかも。同作者の「魔女のシュークリーム」のほうが私は好みかな。

次は『丘の上の図書館』を読もうか、それともまた自治体ですすめられている本を読もうか迷ってます。