好きなものを描いたり語ったりするブログです
羽生結弦選手について
2018年03月15日 (木) | 編集 |
すみません、タイトルとカテゴリは詐欺です。
ほとんど自分語りなので不愉快な人はスルーしてください。

「羽生選手のような人ですら嫌われたりするんだから、他人に嫌われるのはもう仕方のないこと」という話をネットで見かけてね。
最初はこう思ったの。

いやいやいや、羽生くんが嫌われるのは有名人だからでしょ。
過激なアンチが付くような人と私たちは違うよ。
私たちが嫌われるのは、自分の持ってる嫌な部分が少しずつ少しずつ相手の中に溜まって、ある日突然花粉のように爆発して、受け入れられなくなるからだよ。

でも、実際に羽生くんを好きではない、苦手だという人の話を(二人ほどですが)聞いて、私も考えが変わりました。
羽生くんが嫌われるのって、ナルシストだからとか、すごい成績を出しているからとか、メディアに贔屓されているからとか、殺気立ってて怖いからとか、そういう理由じゃないんだね。
もっと誰にでも当てはまるような、どうでもいい、どうしようもないことで嫌われている。

たとえば、過剰に気を使った受け答え。
良い人でいようとするところ。
無意識のうちに自分を作ってしまうところ。


まさに日本人。そんなの誰だって当てはまるじゃん。
日本の文化として根付いてしまってるんだもの。

でも確かに、日本人だからといって全員がそういう価値観で生きてるわけじゃないもんね。
思ったことをそのまま言う人だっているし、気を使わない人だっているし、褒められたり気を使われたりするのが嫌いな人もいます。
そういう人から見たら、羽生くんは常に自分の株を上げようとしているように見えて、気持ち悪いんでしょうね。

って、それは羽生くんだけではなく、ほとんどの人に当てはまるんですけど。
現に私。まったく全部当てはまってます(断言)
私は羽生くんとは全然似ていませんが、嫌われる要素は全部同じだと思います。

羽生くんの嫌いなところを挙げてくれた知人たち、私のことも深く知ったら絶対嫌いになる。
そして、今までの人生で私のことを煙たがったり嫌いになった人のことを思い浮かべると、ああ、そういうことかと納得がいきました。
仕方ないよ。角が立たないように振舞っているのを、まるで悪いことをしているみたいに受け取るんだもん。
私はおろか、羽生くんにだって絶対どうすることもできないよ。
普通の行為なんだもん!!

私はユヅリストではないし、羽生くんって怖いなと思うこともあります。
でもさすがに、上記のような理由で嫌うのはあんまりじゃないかと思って記事を書かずにいられませんでした。

自分をさらけ出して、野生動物のように生きていられたらきっと楽なのでしょうね。
そのほうが余計嫌われそうですが、そんなことも気にならなくなるんだろうし(⌒-⌒;
スポンサーサイト

気がつけば何年?
2018年02月18日 (日) | 編集 |
このブログ、当初はフィギュアスケートの感想を書くために作ったのですが、ここ数年はあまり試合の感想を書いていませんでした。

相変わらず競技は好きで応援しているし、今回のオリンピックもテレビにかじりついて見ていますが、選手の行動や採点傾向について昔みたいに考察しまくるような気持ちではないんだよね。

仲の良い人同士で感想を言い合うほうが気楽でいいなあというのと、目まぐるしくルールが変わってきちんと把握できていないのがあります;;

トリノ〜バンクーバーまでは本当に熱くて、美姫ちゃんや真央ちゃんにかなり肩入れして観戦していたし、試合の結果に一喜一憂してすごく感情的になっていました。

バンクーバー〜ソチは次第に上がっていく難易度と入れ替わっていく世代に頭がついていくのが大変で、でもPちゃんや高橋くんが毎年どんなプログラムを出してくるのかが楽しみで、日本のエースが誰になるのか直前までわからなくて、真央ちゃんのことはやっぱり心配だったけど、少し広い目で楽しんで見ることを覚えたシーズンだったなと、今振り返って思います。

そしてソチからの4年間は、男子の4回転の種類があれよと言う間に増え、女子でも3Aを跳ぶ選手が複数出てきたり、ジャンプを全て後半に跳ぶ選手が出てきたり、レベルの上がるスピードが増して、ここからは正直、どれがどの年の出来事かあやふやな点もあります。
でも応援する気持ちに変わりはないし、興味が薄れたことは一度もないです。


真央ちゃんを応援していた人たちのブログやサイトも、いつの間にか見かけなくなってしまったと思っていたけれど、多分その人たちもフィギュアファンは続行しているんじゃないかと。

あの時代はファンにとってわかりやすいルールや構図で動いていたから、あれこれ言いたいことが尽きなかったんですよね。
今は、言葉を並べ立てなくても素晴らしいというか……全てをねじ伏せるほどの実力を持った選手が日本にいるので、ただしみじみと応援して、身近な人と共有するのがしっくりくるのかなあと思います。


どの年も楽しく応援していたし、どんなスタンスでいてもそれぞれの良さがありますが、昔より今のほうが楽になったかもしれません・笑

ルールや採点について頭を悩ませなくなったというのもありますが、多分昔の頭で今回の大会を見たら、どの選手のキャラクターにもいちいち萌えて心臓がもたなかったと思います(断言)

ベテラン勢の滑り
2016年01月17日 (日) | 編集 |
メダルウィナーズオープン2016を見ました。優勝したアボット&ロシェットの演技が素晴らしくて、まるで現役の試合を見ているようでした。アボットの3Aが本当に良かったです。選手紹介の時にいつも思うけど、このスペックでワールドメダルがないのが信じられないです。

ウィアーの仮面舞踏会、クーリックのラベンダー、曲も衣装もぴったりでした。ウィアーはアメリカの解説で旋風を起こしているそうですね。曲選びや表現力についてズバズバ刺すような彼のトークを一度聞いてみたいです。

ウィアーといえば、今回も薔薇の花冠をもらっていましたね。あれを見るたびに、バンクーバーのPちゃんを思い出して笑ってしまいます。当時は荒れたり叩いたりの大騒ぎでしたが、平和だったというか暇だったというか、今となっては微笑ましいです。

信成くんの愛の夢も良かった〜!(*^0^*)
3-3を入れたのは彼だけだったんじゃないでしょうか。ジャンプもステップもダイナミックですね。柔らかい曲で力強さを出せるところがいいなと思います。
打ちつけたお尻よりも右膝が心配ですね。解説でも言われていたように、ジャンプの着氷の時に負担がかかりますから……。

今回は「真央曲」が多かったですね。真央ちゃんもプロになったらこういう大会に出るのでしょうか。その時はどうか伸び伸びと、EXの時のように表情豊かに滑ってほしいなと思います。

全日本女子SP
2015年12月27日 (日) | 編集 |
ロシア選手権はコフトゥン&ジェーニャ優勝。
ラジオちゃんもパゴちゃんも頑張った(´▽`*
ジェーニャはまだシニアの世界選手権には出られないのかな?

全日本女子SPを見たので簡単に感想を。

白岩優奈ちゃん!
このSP大好きなのですが、なかなかテレビで見る機会がなかったので今回ゆっくり見られて嬉しいです。
ジャンプもステップも大きくて綺麗。
インタビューの受け答えも可愛くて、私もう優奈ちゃん至上主義になりそうだよ!

ああ、でもマリンちゃんもやっぱり可愛いし動きがすでに洗練されている……。
風に乗って飛ぶ妖精を見ているような心地よさです。

カナ、本郷さんは躍動感がありました。
真央ちゃんは……うーん、どうすれば良いのでしょうね。難度を下げて失敗してしまうとモチベーションも下がりそうで心配です。

わかばちゃん、さとこちゃんは相変わらず強いです。さとこちゃんのファイヤーダンス、ラスボス感漂ってますね。

全日本男子SP
2015年12月25日 (金) | 編集 |
pomeraで書いたテレビ中継の感想です。
長いので追記から。

博士クリスマス

[READ MORE...]