• こんなのもありました
    ハリポタ小説といえば、2015年のハロウィンにこんなのも書いてました。「闇の魔術に対するおいしいお菓子の作り方」こちらはレギュラスではなくハリーの視点で、過去ではなく原作と同じ時代のお話です。軽い読み物なので、原作を知らなくてもさーっと読めそうな感じですが、一応補足を。「闇の魔術に対する防衛術」は担当教授が1年もたずに辞めるor死んでしまうジンクスのある科目です。なので原作では、ハリーが在学している7年... 続きを読む
  • 久しぶりのハリポタ
    昨日1/26はロックハート先生の誕生日だったので、半年ぶりにハリポタ二次を書きました。一番ハマっている時は、好きなキャラを好きだと言うのに、なんとなく照れくささを感じるものですが、少し落ち着いている時は、堂々と「このキャラのファンだから!」と言える不思議。「ロックハートにケーキを作ってあげる話」レギュラスが恐ろしい料理を生み出すだけの話なので、ハリポタ知らなくても読めます。(魔法とか場所とかの用語がめ... 続きを読む
  • 昨日の
    ツイッターに上げたハリポタ絵、こっちにも載せておきます。昨日はスネイプ先生の誕生日だったので、ギーマさんのために撮った写真を急きょ横流ししました・汗そしてさっき描いたやつ。スネイプ先生のロッカーにびっくり箱を仕掛けるロックハート先生&クィレル先生です。軽く解説しますと、私は「DADA教授」のbotをやっているので、毎年入れ替わる科目の先生7人が同じ空間に存在するという、ちょっと奇妙な空間を取り扱ってます... 続きを読む
  • 『ハリー・ポッターと呪いの子』感想
    遅ればせながら、ハリポタ呪いの子を日本語訳版で読むことができたので感想を書きます。ネタバレはもちろん、かなり強く突っ込みながら書いているのでその点にも注意。何でもOK、という人のみ、追記からお読みください。... 続きを読む
  • 二次もやっぱり楽しい!
    久しぶりにハリポタ二次の話を。。。呪いの子、私はまだ読んでいないのですが、読んだ人の感想をちらちら見ていると、なんだか世に出回っている逆行転生系の二次創作が全て無意味になりそうな……いやそんなことはないのか。かえって盛り上がるのかな?ハリポタといえば逆行、というほどメジャーなジャンルですが、あまりにも氾濫していて、右を向いても左を向いても時を遡って親世代を助ける話ばかりで、もういい加減にして!……と、... 続きを読む

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mafuyu

Author:mafuyu
「れみ」名義で小説も書いています。

拍手・お返事




どのジャンルへの感想も大歓迎です!

☆拍手お返事ページ☆

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR