サーシャと読みたくなる

1230534719.jpeg

これ好き。










@レムリア様の製作された10のお題で、闇サトピカを甘美な世界に導いてしまいます。

テーマはそのまま、「甘」です。





001.コーヒーにお砂糖を

闇「ちっ、最凶とかいってるクセに肥えやがって・・・」

ピカ「これがピカチュウとしての標準体型なのだ。貴様、茶菓子はどうした」

闇「ポケモンは大人しくポケモンフード食ってろってんだよ」



002.ベビーピンク


ピカ「こ、これは・・・幻の紗々いちご味!」

闇「残念だな。こんなに合成着色料を使った食事を主人であるお前に出すってわけにいかねえんだよ」

ピカ「それは・・・いや、しかし・・・。あっ! 貴様、何一人で食ってやがる!」



003.ソファー


ピカ「おい、バネが飛び出ているぞ。直しておけ」

闇「甘いな。ここから闇のパワーを注ぎ込み、地下の亡霊たちを蘇らせ・・・」

ピカ「今夜中に直せ。さもなくば貴様の両腕は使い物にならなくなるぞ」



004.香炉

闇「タマムシシティのエリカめ! 俺にこんなものをよこしやがって! 早く、どこかに捨てて・・・はや・・・く・・・ZZZZ」



005.正しい朝の起こし方

ピカ「俺様がめざましビンタを使えないのがそんなに残念か? そうがっかりするな。めざましビンタよりアイアンテールのほうが貴様には効くだろう」



006.紅色の頬

ピカ「貴様、そんなツラになってもまだ起きないとは、それでも下僕か」

闇「・・・・・・(意識不明)」



007.シルクのシーツ

ピカ「早く洗え。貴様の血が落ちなくなる」

闇「わかった。じゃあお前は枕カバーとタオルケットを洗え」

ピカ「主人に命令するとは、どういう・・・!」

闇「いいから洗え! 明日から雨なんだ」



008.蜂蜜

あまいミツをぬった木からチェリンボがあらわれた!

闇「よおし・・・ゲットしてやるぜ」

ピカ「ピッピカチュウ!」

監督「カット。いいんだけどね〜。もうちょっと感情をこめてくれないかなあ」

ピカ「何たる難儀・・・貴様が下手なせいで、ミツを塗るところからやり直しだ」

闇「下手なのはそっちだろが。ピッピカチュウとか意味わかんねえ言語喋りやがって」

監督「はいはい、ドスのきいた会話してないで、ミツぬってね〜」



009.うなじ

闇「どこだ・・・?」

ピカ「頭と胴体の間の部分1センチほどだ」



010.この手に抱く

ピカ「抱き方が違う!

闇「あいてーーーーーっ!!」

ピカ「そうじゃないと言っているだろう」

闇「うおぁーーーーーーー!!!」



タイプ・ワイルドの最後の抱き上げるシーンはこのように血みどろな環境で撮られたのである。



<終>



********



本館の青い星シリーズでの癖がまだ抜けないのか、ついつい喋りがお行儀良くなってしまいます。気を抜くときっちり交互に喋らせてしまう。どういう癖だ(笑)

本当は、相手の口を封じてでも言いたいことを言うのがこの二人だと思うんですけどね。罵り文句だけでなく、アクションももっと表現できたらいいなと思います。




 
スポンサーサイト
このページのトップへ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メニュー
プロフィール

mafuyu

Author:mafuyu
「れみ」名義で小説も書いています。

拍手とか



どのジャンルへの感想も大歓迎です!

☆拍手お返事ページ☆

blogram投票ボタン
気に入ってくださったら投票よろしくお願いします♪
カテゴリ
黒い電磁波 (501)
フィギュアスケート (257)
ローゼンメイデン (141)
オリジナル (35)
アメーバピグ (89)
虹色光線 (40)
音楽 (95)
動画 (30)
バトン (23)
その他の作品 (37)
未分類 (2)
ハリポタ (9)
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR