好きなものを描いたり語ったりするブログです
日本のファンタジーとか
2017年08月04日 (金) | 編集 |
またいくつか児童書を読んだので雑感を書きます。

『あたまにつまった石ころが』キャロル・オーティス・ハースト
石が好きということだけで生きていける。そういう話。
ダイゴさんですね……。

『ダイヤモンドよりも平和がほしい』後藤健二
遅くなりましたが読みました。
子ども兵の過酷な現状、脱出してきた子たちの努力と生命力、そういったものが手に取るように伝わってきました。
難しいテーマに思えますが、移民・難民・戦争を扱った本が多く取り上げられる中で、この本は特に読みやすかったです。
それだけに、作者のかたが亡くなってしまったことが残念です。

『ロベルトのてがみ』マリー・ホール・エッツ
きちんとした教育を受けることで救われる子どもがいるっていうのはわかるんだけどさ……。
あのお父さんをそのまま放置していいのか?
奥さんに「出てけ!」って言い放つような男だぞ。子どもに体罰もしてるし。
そういう時代なのかもしれないけど、放っておくと同じこと繰り返すと思うんだよな〜。

『リフカの旅』カレン・ヘス
ユダヤ人が国を逃れる話はいくつか読みましたが、どれも実話をもとにしているので、読んでいて辛い場面もありました。
病気や迫害の恐怖にさらされながら長距離を移動する様子は本当に苦しくて、家族全員が生き延びるとわかっていても希望が持てなくなるほどでした。小学生向けとしてはちょっと重くない?

『エルマーのぼうけん』ルース・スタイルス・ガネット
これね! 教科書にも載ってるし、家にも多分あったけど、ちゃんと全部読んでなかったんだな。
面白いです。主人公と語り手がじつは違っていて、父親からの伝聞として始まるのも意外でした。
いろいろな動物を騙しながら竜を助けに行く展開は愉快で、でも騙すたびに足がついて危険が増えていくのでハラハラしました。
1・2年生向けとしてオススメされていたけど、3年生の教科書掲載だし、1段階上げたほうがいいんじゃないかな。

『二分間の冒険』岡田淳
高学年向け、日本のファンタジーです。上記のエルマーとは逆に、竜を倒しに行く物語。
冒頭に謎が提示されているのですが、この答えは私でもすぐわかってしまったので、多分小学生でもわかるんじゃないかな。
それよりも、竜と大人たちによって仕組まれた世界の構造と、竜があの手この手で主人公グループを陥れようとする場面が印象的でした。一人の人間の陰謀で歴史が改ざんされていた、というオチは普通に怖かったです。

『キノコのカミサマ』花形みつる
えーと、これだけ異色というか……自治体おすすめの本ではありません。
というわけで格調が低いです。なろう作品を読んでるような感覚でしたが、読み物としては面白いと思います。
終始「カミサマ」の気まぐれに振り回されている主人公親子ですが、離れ離れになった家族の心が少しだけ近づいた、ということなのかな。カミサマのキャラが強烈すぎてどうでも良くなっちゃいそうなんですが。

来週からは次年度の推薦本を決めるため、さらにたくさんの量を読まなければならないのですが、ゆるーく行こうと思います。。。候補本が面白いといいけどなあ。

とりあえず今回一番のヒットは『二分間の冒険』でした。
前回紹介した『わすれものの森』よりもずっと良かったです。
学生時代に読みたかった気もしますが、大人でも全然入り込めますよ!
スポンサーサイト