好きなものを描いたり語ったりするブログです
投稿作の宣伝
2014年11月27日 (木) | 編集 |
ミニ連載『異世界転生が止まらない』を連載中です。
連載形式で小出しにしている他は、普段のりん子シリーズと変わらないので、読んでいただけたら嬉しいです。


せっかくなので、今までのりん子シリーズを全編紹介しちゃいます。
りん子という破天荒でマイペースな女の子がいろいろと変な人や物に出会う話です。
続き物ではありませんが、一部登場人物が重なっていたり、前の話を踏まえているものもあります。
上記のミニ連載は、過去作の舞台をコンパクトにまとめて幕の内形式にしてある感じ。

空から来た男
おデブの男が空から降ってきて一緒に中華を食べる話です。

ボーナスステージ
闇オーラをまとったやたら歌のうまい少年と遊ぶ話です。

地下牢
死の舞踏をBGMに、蜘蛛男の罠から脱出する話です。

みけらんの庭
深刻なPV不足に陥っております。冗談抜きで他の話の半分にも満たないです。
助けて。

スイカの姫君
りん子を書こうと思ったきっかけが「うりこひめとあまんじゃく」だったので、その意味ではこの話が原点かもしれません。

カワウソ
もうひとつ触発されたのが北欧神話だったので、これも原点です。
ロキとオッタルのやりとりをりん子とカワウソに当てはめてみました。

白鳥乙女
これも北欧神話より。
アースガルズに城壁を築くくだりが好きだったので、またまたりん子にロキを演じさせています。

月ノ介さん
これは日本の三貴子が元ネタです。アマテラス出てきてないけど。
今のところ、この話が一番残酷。明るいけど残酷です(笑)

姫金魚草に寄せて
スイカの姫君&みけらんの庭の後日譚。
純愛ではなくフェティシズムがテーマです。

弟を打ち上げた日
これも三貴子です。もうめちゃくちゃですが。

ヤミーパンプキン
闇オーラをまとった少年とハロウィンを楽しむ話です。
多分これが一番明るくて楽しいんじゃないかと思います。闇なのに。

おでんキャッチャー
ダチョウ倶楽部→サイコパス→歌詠み という謎のラインナップ。


クリスマスには、カワウソを再登場させたいなと思っていますが、間に合うでしょうか……。
個人的には、空から来た男〜カワウソまでの6作が一番楽しく書けた作品でした。
天邪鬼&ロキで創作意欲がものすごかった時期が、ありました。
ありました、けどやっぱりそう長くは続かないので、少しずつペースダウンしていこうと思います。
アバター連載は頑張って終わらせたいけど、それが終わったら少しお休みかな〜。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック