好きなものを描いたり語ったりするブログです
きゃあ!きゃあ!!
2014年12月14日 (日) | 編集 |
宇野昌磨選手、ジュニアグランプリファイナル優勝おめでとうございます〜!!
ポケモンの記事で毎回応援してきた甲斐があったかな?(笑)

四回転もアクセルも安定してきて良かった。
地上波ではほとんど放送されませんでしたが、フリーはマイナス点のない素晴らしい演技だったそうですね。
外見も大人っぽくなっていてびっくりです。
シーズン序盤の演技を動画で見ましたが、動きが本当に綺麗で華がありますよね。
ジュニアの大会とは思えないほど、全ての要素に意味が感じられて、既にシニアのトップ選手のような雰囲気をまとっていると思いました。
これは全日本が楽しみすぎる……!

二位の山本草太選手はまだ14歳とのことで、これからどんなに伸びるのか、こちらも楽しみです。

そしてそして、シニアのグランプリファイナル。
男子も女子もさすがファイナル!というラインナップで、見るそばから目移りしてしまうほど。
その時映ってる人をひたすら応援してしまう、ということを12回繰り返しました(笑)
やっぱりすごかったのは、解説の織田くんも言っていたように、ラジオちゃんとリーザがどちらもほぼミスのない演技、それも高難度の構成でそれを成し遂げたことでしょうか。
ああ、でもでも、リプの演技もヤグ様のwinterを彷彿とさせる世界観があって本当に好きだし、本郷さんももっと評価されてほしいし……選べないほどみんな好きです!

羽生くんの4S、4Tがどちらも綺麗に成功して、さらに後半の3Aからのコンビネーション2つも決まったのは見事でした!
この4つのジャンプだけでどれだけの点数になってるんだろう……とプロトコルを見ると、想像以上にすごかったです(笑)配点もすごいけど、その構成で跳べてしまう羽生くんが何よりすごいです。
ルッツの失敗が続いているのは少し心配ですね。
シーズン始めに失敗すると後々まで気になってしまうのかしら。
真央ちゃんの3F3Loを思い出す><;

ファントムの嘆き、という要素はどちらかというと無良選手のプログラムのほうが感じられますが、羽生くんの演技は、愛を見つけた喜びや切なさが散りばめられていて美しいなと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック