好きなものを描いたり語ったりするブログです
ハウスクオリティ
2015年03月11日 (水) | 編集 |
ローテーションバトルで、相手方が

1・ノーマル
2・ゴースト
3・はがね

というラインナップで、こちら側のゲンガーが

1・シャドボ
2・気合玉
3・ヘドロウエーブ
4・みちづれ

という構成だった場合、まるで人生最大の決断をする時のように悩んでしまう。
主要技全部に無効タイプがあるのってやっぱりマズかったかねえ。

でもバトルハウスの場合、こちら側が選択してから相手が行動を決めてるんじゃないかと疑ってしまう時があります。

相手方が、

1・ロズレイド
2・パンプジン
3・炎半減の誰か

だった場合、え〜い三分の二の確率だ!と思って大文字を撃つと、大方3番目の人が真ん中に出てきてアウトになります。

ああ、あと先日は相手の催眠術が全て当たり、味方が全員眠らされるという悲劇に見舞われました。
でもその状態から勝った時の嬉しさは、相手が人間じゃなくても関係ないほど胸にじわじわ来ますね。

というか催眠術とか吹雪とか大文字とか気合玉とか、命中率上がってませんか?
自分で使ってても「あれ?また当たった」「また当たった!」と思います。
特殊系の大技は軒並み威力が下がりましたが、その分当たりやすくなったのでしょうか。
数字は発表されてないけど、5回続けて外れるのがザラだった昔に比べると、絶対に補正入ってると思うのです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック