好きなものを描いたり語ったりするブログです
2015世界フィギュア
2015年03月29日 (日) | 編集 |
リーザの3A〜〜〜〜〜!!!o(≧▽≦)o
真央ファンとしては、ここまで完璧に跳ばれちゃうとちょっと悔しいのもありますが、でもそれ以上に素晴らしい。こんなジャンプを跳ぶ女子選手がいる、ということが嬉しくて、来季も見るのが楽しみです。
アクセルを完璧に決めた上、ルッツと後半の3ー3も文句なしの出来。こんな演技が見られるなんて、思ってもいませんでした。
今年はリーザの年でした。ロシア女子はみんな若くして完成度が高く、それぞれ魅力的ですが、その中でも今年一番輝いていたのは間違いなくリーザでしたね。

さとこちゃんも、まさかの銀メダル!
もしかして、もしかしたら銅ぐらいは……と思っていたけれど、ラジオちゃんの体調不良やアメリカ勢のSP出遅れもあり、そして何より本人が確実な演技をしたことで、初出場での大躍進となりました。
「ミス・サイゴン」は、調べてみると売春婦の悲恋の物語だそうで、ちょっと彼女のイメージとは違うのですが、遠くへ想いを馳せるようなピアノの音や透き通ったボーカルは、細やかに行き届いた演技に合っていますね。
おめでとうございます!

個人的にはさとこちゃんのひたむきで乱れのない演技が好きですが、伸びしろとしては本郷さんのほうが期待できるのかなあ……。演技中の表情も良いし、スピンやステップもまだまだ進化できそう。


男子は……うーん、やっぱり求められるレベルが高すぎて、ミスなく滑るのが難しい?
ダブルジャンプがザヤ対象になったことで、失点の危険が至るところに増えたし。
そんな中、フリーで4回転を3回決めたハビエルの優勝は輝かしいものです。
今までここぞという時にまとめきれなかったので、今回やっと実力にふさわしい結果が出て良かったです!

羽生くんも病後でよくあそこまで(特に後半の鬼構成!)滑りきったと思うし、ミーシャは去年と比べてジャンプの質が格段に上がっててびっくりだし、ナム君はジュニア上がりとは思えない完成度でメダルに届いてもいいくらいの演技だった。
宋楠は正直欠場じゃないかと思ってたので、出てただけでも嬉しかったです(笑)

ああ、でも、日本男子の枠が……枠が。
小塚くんも無良選手も頑張ったのだけど、でもやっぱり残念すぎる。
長い間、男女ともに3枠あったのが奇跡といえば奇跡でした。
美姫・真央・中野・鈴木・髙橋・織田・小塚時代の、奇跡の安定が終わったのですね。
これからは若手の台頭と、上がり続けるレベルにどこまでついていけるかという、怒濤の時代がしばらく続くと思います。
楽しみでもあるし、静かな寂しさも感じます。




で? Pちゃんは来季戻ってくるの??<◎><◎>
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック