好きなものを描いたり語ったりするブログです
ツイッターのハッシュタグに思うこと
2015年07月18日 (土) | 編集 |
#RTされた数だけ○○する、みたいなタグありますよね。
自分の黒歴史を晒すとか、好きなキャラを描くとか。

自分も時々やってみるのですが、RTの数はその時によっていろいろ。
来たり来なかったりです。
単に人が多い時間帯とそうでない時の差もあるかもしれませんが、タグの内容が一番関係しているように思います。

RTしたら何が起こるのか。これが重要なわけです。

RTが来やすいのは、
#RTしてくれた人を紹介する
#RTしてくれた人をキャラ化する
#RTしてくれた人の印象を言う

など、相手のことを言及するタイプのタグです。
これを使うと、まったく面識のない人からもRTが来まくります。
いや、気持ちはわかるよ。
自分について何か言ってほしい、注目してほしいというのは誰でも思うことですから。
でもさ、一度も話したことがない、誰だかわからない人について語れと言われても、それは、それは……。

いえいえ、もちろんそういうことも想定した上でタグに参加するんだから、RTが来たらちゃんと応じますよ。
知らない人だったら、その人のプロフとか作品をじっくり読んで、できるだけ理解してから紹介なり印象なりを書きますよ。
……書きますけど、面識がない人に他己紹介を頼むって、ツイッター界隈では普通のことなんですかね?
私の他にも、「話したことないからわからないけど、RTしてくれたので紹介します……」と困惑気味に答えている人が多く、自分の感覚からするとちょっと理解できない現状です。


で、反対にRTがもらいにくいタグというのも存在します。
#RTの数だけ好きなキャラを晒す
#RTの数だけ好きなキャラにひよこを乗せる
#1リプ目のキャラに2リプ目のキャラの服を着せて3リプ目のキャラの台詞を言わせる

こういう自己満足系、俺得系のタグですね。
自分としてはこういうタグのほうがよっぽどRTしてほしいし描く気満々だったりするので、知らない人がRTに協力して数を稼いでくれたりしても嬉しいし、知ってる人でももちろん嬉しいです。
でもRTやリプを送る側としては、他人の好きなキャラなんてどうでもいいですしね。需要と供給が噛み合わないわけです。
3番目のタグなんて、リプが1つ以下しか来なくて詰みます。ええ、私の場合は詰みますよ。詰んだから自分で捏造して好き勝手にいろんな服や台詞をつけて楽しみましたけどね!


誰でも自分に見返りがあるなら参加するし、ないならスルーする。ごく当たり前のことですね。
そんな中、こちらの自己満足タグにRTやリプをくださったり、逆にこちらが見返りを求めてRTしたらすごく丁寧な紹介文を書いてくださった方、本当にありがとうございます(*⌒∇⌒*)

温かいお言葉をもらえると、ちょっとした作品でもやっぱり書いていて良かったな、と思うことができます。


捏造していろいろ描いた時の生温かい思い出↓

博士コス2
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック