好きなものを描いたり語ったりするブログです
DADA教授陣の動画が好きすぎて
2015年09月10日 (木) | 編集 |
臆することなくハリポタ動画について。
拙いながら「防衛術(闇)」を歌ってみたところ、温かいコメントや拍手をいただけて感激しております。
歌ってみた動画の投稿が久しぶりだったこともあり、コメントはもちろん、見てくれる人もゼロなのではと思っていたので、少しでも聴いてくださる方がいたことが驚きで、とても嬉しいです。

で、この替え歌の元ネタ動画様ですが……。
本当に可愛くて面白くて良く出来ているっ! 大好きです!

DADA教授陣を好きになったきっかけのひとつです。はい、とっても大きなひとつです!

人気の高いスネイプやルーピンを特別扱いせず、意外とクィレルの尺を長く取ってあったり、アンブリッジが可愛かったりするのも良いです。偽ムーディのパートもお茶目で可愛いし、ロックハートのサイン書きたいソワソワなんて私に効果抜群すぎます。シリアスな絵とちびキャラのギャップも良いですね。
最後のちびキャラ教授陣が「そら行くぞ〜!」とやっているところ、もう、目が幸せすぎるんですけど!!
スネイプがノリノリで登場した時の、他の先生方の動揺っぷりとか。作者様、粋ですねえ。萌えに走るのではなく、どうやったら可愛く見えるかを研究して作られています。

DADA集合絵を描く時困るのは、7巻目のカローをどうやって肉付けするかですよね。
映画では一瞬しか登場しないので、外見がよくわからないんです。
原作でも授業風景などは伝聞でしか出てこないし。
しかしこの動画ではカローもきちんとキャラが作られています。これは何かを準拠にしているのでしょうかね?
とにかくカッコ良いです。原作読むと「ずんぐり」しか書かれていないのですが、動画では全然ずんぐりしていなくてカッコ良いです。

この動画や素敵な絵師様たちの作品を見るうちに、DADA陣にハマりすぎてしまい、自分でも最近はちょこちょこ描いたりしております。

……が、親世代や双子なんかと違って、ごくごく限られた人しか描いておらず、しかもレベルの高い絵師様ばっかりだったりするので、そこに自分が混じるのはとても申し訳ない。ああ申し訳ない、と思いつつ描いちゃってるよ。

いやホントに凄い人ばかりなのよ。動画の作者様もそうだけど、DADA陣を描く人って作品を見る目が公平で知性に溢れていらっしゃる気がする。恋愛脳ではなく、アカデミックな魅力のある作品を描かれる方が多くて。

作中でイヤな奴だったり迷惑だったりするキャラにも、動きとして面白かったりかっこよかったりする点がいろいろあって、それをきちんと捉えた上でプロデュースしているんです。こいつイヤな奴だから叩いてやれ〜みたいな二次創作は好きになれませんが、叩かれるようなキャラをいかに魅力的に描くか、という境地に達している作品は見ていて気持ちが良いです。

二次創作っていいな、と久しぶりに思った瞬間です。
ああ、でもあっちに行ってしまうと当分一次には戻ってこられない気がする。悩む(⌒-⌒;
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック