好きなものを描いたり語ったりするブログです
見たこともないような
2015年12月13日 (日) | 編集 |
羽生くんの得点がすごすぎて絶句しております。
すごいですね本当に。
N杯とファイナル、続けて完璧な演技をするだけでもすごいのに、その難易度が半端ない……。
これからは彼の技術と構成が全選手の目標になるのだろうと思います。
4回転はショートに2回、フリーに2回以上が絶対条件。
サルコウとトウループを両方装備、出入りも工夫してGOEを稼ぐ。
難しいジャンプはできるだけ後半に。

厳しい! なんて厳しいの。。。

羽生くんの表情も、自分の作った記録の壁を越えようという覚悟が伝わってくるような、鬼気迫るものでしたが、ショートの曲はもっと繊細な、綺麗な雰囲気を大事にしてほしいなとも思ったり。
そういう意味で、ジュニアの真凜ちゃんの音楽表現はすごく好きです。柔らかいところと激しいところのメリハリが工夫されていると思います。

Pちゃんのショート後の悲しげな表情には、思わず心を動かされてしまいました。いや動揺した。ジャンプやスピンがノーカンになったことよりも、あのキスクラに動揺してしまった。「エレジー」の演技よりも悲しかったですよ。あんな表情は見たことがなかったです。

真央ちゃんも頑張ってほしいけど、今は難しいのかな。
こちらも数年前なら十分勝てる内容だったと思うけど、女子も若い子が安定してる上に構成もすごいからね。
でもフィギュアの良さはやっぱり滑りそのものの美しさやスピード感、ポーズの多様性を楽しめるところにあると思うので、真央ちゃん&Pちゃんが復帰してくれて嬉しいです。厳しい戦いかもしれないけど、実績はもうあるわけだし、今までにない演技を完成させるつもりで、今シーズンを頑張ってほしいと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック