好きなものを描いたり語ったりするブログです
ポケモンSM・いつまでも序盤
2016年11月21日 (月) | 編集 |
ポケモンムーンをやっています。
ストーリーが束縛的で常に他のキャラ中心に動いてて主人公は傍観者だと聞いて、えっそんなの今に始まったことじゃないじゃん、と思いましたが、なるほどこれは過去最凶かもしれませんね。

先まで進んでる人の話をちらちら読んで、そりゃもう覚悟してました。
全編通してリーリエの話を追うだけだということも、仲間を呼ぶループで野生バトルがものすごくめんどくさいことも、主人公が薄ら笑いを浮かべて棒立ちなことも、少し歩いてはムービーが入るの繰り返しだということも、バトルの後の暗転が異様に長いということも、全て覚悟の上でプレイしているので、今のところそんなに怒りは感じないです(笑)

N「おい、そこは怒れよ……<◎><◎>」

ああ、でも一つだけどうにかしてほしいのは、ゲーム終了時に本体を再起動させなくてはならないところです。
本当に本当にこれだけは、体験版の頃から嫌でした。
これはゲームを終了させずにスリープ状態にしておけということか?(⌒-⌒;


さてさて、何だかんだ言いつつゲームは楽しく進めております。
序盤、先生のコイルとイリマのドーブルにパーティを全滅させられそうになり、なんだこりゃやばいと思ったら、早速ネット上で話題になってました。これ、BWのタイガさん以上じゃないでしょうか。初見殺し、みんなのトラウマですよ。

あと、ポケモンの鳴き声が会話チックになってきてるよね〜。
ロトムが喋る時代だからもう何でもありなのか。


おはポケ

いやそれ、普通にあいさつ……。


アーカラ島のオハナシティに着いた時点で、パーティはこんなです。

11月21日のパーティ

見事に女の子ばっかり。いろいろ入れ替えてるうちにこうなりました。
コイル浮きまくりだから……。


では恒例の紹介タイム〜。

・レミー(主人公♂)
常に薄笑いなのは目が逝き気味なのを隠すためです。
髪型の選択肢にレインボーモヒカンがなくて非常にがっかりしている。
ポケモンより曲芸派。アシマリに生まれ変わりたい。

・マリン(オシャマリ♀)
女の子が出るまでリセットするぞ!と意気込んでいたら、なんと1発目で引き当てました。
曲芸よりフィギュアスケート派。今シーズンも頑張ってください。

・ぴよ(ケララッパ♀)
はい、既に名前が適当。
ついばんだり岩を砕いたり何でもできちゃうよ。
進化したら素早さ下がるってマジか? 今回そんなのばっかかよ!

・やみねこ(ニャース♀)
憧れのアローラニャース。しかし進化後はお察しください。
悪タイプが意外と便利。スリープとかケーシィとかけっこう出てくるし。
Zクリスタルとかどっちでもいいよって顔してる。

・ジジュン(ピチュー♀)
レベル5からずっと大切に連れ歩いて鈴も持たせてるんだけど一向になつかない。
なぜだ。
フェスサークルもまだ充実してないし、一旦あきらめて待ってる。

・コイル
ジジュンが進化できないので入れてるんだけど、けっこう便利。
進化したらつねるからね!!
オドリドリのタイプがわからなくて電磁波打っちゃった他は目立ったミスもなし。

・メロンパン(ガーディ♀)
最初に捕まえた子が「特防↑防御↓」で、ストーリーとはいえ何となく嫌だったのでもう一匹捕まえ、そしたらまた同じ性格で、三匹目でようやく妥協できる子が手に入りました。
特性もらいびだけど、これで良かったんじゃないかと思ってる。威嚇だと戦闘のテンポがね、さらにね……。


今回は同じ道路でも草むらによって細かく出現ポケモンが分かれてるから、目当ての子を探すのが大変です。
しばらく歩いてるとどこもかしこもオニスズメしか出なくなるのは私だけか?

とりあえず始めたばかり、楽しんでいきましょう!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック