好きなものを描いたり語ったりするブログです
帰ってきたピカチュウさん
2017年01月29日 (日) | 編集 |
コスプレ電気ポケ


ピカチュウさんに仲間ができたので、お話をうかがってみましょう。
電気ファンシー仲間かと思いきや、ただのコスプレ友達のようです。


Q. まずは自己紹介をお願いします。
ピカ「カントー出身のピカチュウだ。まさか俺様を知らない馬鹿な下僕はいないと思うが」
ライ「アローラライチュウです。アローラマークという肩書きを誇りに思っています」
ピチュ「おじさん ピチューなのよ。アローラで未進化のまま50レベ超えちまってねー」
エモ「イッシュ出身、エモンガ。自力で飛んできました。こんなナリですが体力はあります」
パチ「シンオウ出身のパチリスだよ。ちなみに♂」

Q. では、自分がコスプレしているキャラについて、わかる範囲で紹介してください。
ピカ「虫とり少年、30代無職」
ライ「エーテル財団のザオボー支部長……あっ、もう支部長ではなかったですね」
ピチュ「おじさん ピチューだから 人間キャラとか わかんねえんだ」
エモ「イッシュで同期だった奴」
パチ「古代のプリンセス、アセロラちゃん」

Q. コスプレしているキャラに対してリスペクトはありますか?
ピカ「ない。コスプレはアローラ制圧のための手段だ」
ライ「あります。私もソラマメが好きですし、狂おしいほどに肩書きが恋しいので」
ピチュ「リスペクトとか そういうの いらねえんだ」
エモ「ないです。モテたいから着てるだけ」
パチ「ありまーす! 戦闘中の動きも可愛いし、この服のサッシュのデザインがミミッキュっぽくてまた良いんだ」

Q. 実際に着てみてどうですか?
ピカ「どうということもなかった」
ライ「馴染みすぎて心の奥まで侵食されそうです」
ピチュ「服がねー。暑いんだわ、俺には」
エモ「マフラーが針金みたいなんだけど」
パチ「可愛い。ずっと着ていたい」

Q. ほかのメンバーをどう思いますか?
ピカ「全員下僕だ」
ライ「……正直、苦手です。虫も悪もゴーストも」
ピチュ「なかなか根性のある若者よ」
エモ「みんなモテるために必死なんですよ」
パチ「一番可愛いのはパチリスだよ」

Q. アローラはどうですか?
ピカ「こういう昔ながらのムラ社会は、一見入り込みにくいがそうでもない。上を落とせば簡単だ」
ライ「住みやすいですよ。遅いポケモンが多いので、私などは重宝されます」
ピチュ「闇が深いとも言われるが、どうなんだかね。どこも同じじゃないのかね」
エモ「可愛い女の子が多い」
パチ「ヨワシ……なぜ……死なない……!?」

Q. Z技使ってますか?
ピカ「クリスタルやメガストーンなどは邪道だ。しかし商業戦略上、やらざるを得ない」
ライ「ザオボーさんはライチュウにZ技を使わせていないので、私も使いません」
ピチュ「あんまり使うと腰に来るからよ」
エモ「専用技ください」
パチ「上に同じ」

Q. マラサダ食べますか?
ピカ「下僕どもが貢いでくるからな」
ライ「なぜ!! ソラマメ入りが!!! ないのですか!!??」
ピチュ「揚げ物はねー。おじさんの胃にこたえるのよ」
エモ「むさぼり食います」
パチ「あまえる→ほしがるでOK」

Q. バトルツリー登りますか?
ピカ「くっ、あの廃人施設が……! いや、まだだ。俺様に突破できない壁などない!」
ライ「ザオボーさんが行かないなら私も行きません」
ピチュ「おじさん ピチューなのよ。現実を見ないとね」
エモ「飛んで登ったら投げ落とされました。また行きます」
パチ「無理だと思う。ものひろいだし」

Q. サンムーンのストーリーをどう思いますか?
ピカ「皆リーリエという娘の尻ばかり追っているから、その間に野生ポケを手なずけることができた」
ライ「ザオボーさんはね、ツンデレなんですよ……」
ピチュ「時代の流れというものか。まあ、こんなもんかね」
エモ「ごめん、よくわからなかったw」
パチ「とにかく足止めが多かったことは覚えてる」

Q. コスプレしているキャラのモノマネをしてください。本気でどうぞ!
ピカ「何やってるんだグズマァァァァァァァァァァァァ!!!!」
ライ「これだからお子様は!」
ピチュ「……(悪Zのポーズ)」
エモ「……(顔芸)」
パチ「……(お口あんぐり)」

Q. お疲れ様でした。答えてみてどうでしたか?
ピカ「また下僕が増えるだろう」
ライ「私のファンも増えるでしょうね。ザオボーさんに報告しなければ」
ピチュ「暇ができたらまた答えてやるよ」
エモ「ちょっと目のクマ洗ってきます」
パチ「可愛く映ってるかな?」


ありがとうございました。
このキャラで定着するかどうかわかりませんが、気が向いたらまた描きたいと思います。
闇サトはスカル団したっぱのコスで出すべきですかねw
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック