好きなものを描いたり語ったりするブログです
あの頃の作品たち・2
2017年06月11日 (日) | 編集 |
サイトに再掲載している昔の作品の中で、「テレビの中の麻理」だけ意図がわかりづらいという話を友達としていて、何でだろうと思って読み返してみました。

(友達が読み返してくれたのに自分は読んでなかったんですよ、この作者は。。。)

そもそもね、私は作品に意図を込めていません。
何かを伝えたくて書いているのではなく、ただストーリーを展開させて終わらせたいだけなの!(笑)
それは昔も今も同じことです。

たとえばりん子シリーズの「カワウソ」は、カワウソと出会ってスーパーに行って帰り、家の中にある食べ物を根こそぎ食べられてあっさり別れる、というお話です。
「月ノ介さん」はムカデになった弟を荒療治で元に戻してめでたしめでたし、というお話です。

で、「麻理」の話に戻りますと。。。

これは、テレビ画面に閉じ込められた姉を助けるために弟が慣れないパズルゲームで奮闘し、最後は電源切ったら助かっちゃった、というお話です。それが書きたかっただけなのですが……書けてないっ!(笑)

何しろ、余計な情報が多いんだわっ!
姉の麻理は学校へ行かずに家庭学習してて、弟のルイはそれが気の毒でもあり羨ましくもある。現実世界に生きるルイと、ゲームとネットにどっぷり浸かって生きる麻理は理解し合えない。寂しくもあり、諦めもある。そんな思いつきを余すところなく書いちゃってるんです。

ここまで書いておいて、何も意図してないなんて言われても困りますよね。すみませんでした(≧▽≦;

当時の自分としては、姉の麻理がテレビの中にとらわれてしまったことで、お互い一緒にいたいという気持ちが強まって、それぞれの日常を大切にしつつ尊重しあえる仲になる、というお話にしたかったみたいです。あくまで憶測。何しろ長い上に、10年以上も前の話なのでw

あんなに読みにくい話たちをどさっとサルページしてしまって申し訳ないですが、読んでくださる方には感謝です。
ただ、強制じゃないです本当に〜(汗)
何度も言うようですが読みにくくてどうしようもないので;;

今もそんなに筆力自体が上達したとは思いませんが、少しでも簡潔に書けるようになったのかもしれないと思うと、この年月は無駄ではなかったのかなと思います(⌒-⌒;
りん子シリーズやダンジョンを見た人が「意図はなんだろう……」と悩むことはあまりないと思うので。


あっ。あと補足。。。

以前「月まで」を再掲載した時に、りん子シリーズの「ヒカリとホズミ」を引き合いに出したのですが、これも何の意図もなく引き合いに出しただけです。
「ヒカリとホズミ」を書く時に「月まで」を意識したとか、リメイクしようと思ったとかそういうことは一切ありません。ただ自分の作品同士を後になって比べてみただけです。あしからず。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック