キミにきめたネタバレ感想♪

ポケモン映画「キミに決めた」を初日に見てまいりました〜!
歴史改変オブリビエイトと聞いて嫌な予感しかしていなかったのですが、実際に見てみたらそんなことは全然気にならなかった。
むしろこれをタケシカスミシゲルケンジetc.のメンバーでやってしまうと、キャラが違う……となっていたと思います。

初代アニメには初代アニメの良さがありますが、あまりにも原作ゲームとかけ離れていたし、ポケモンたちよりもゲストの人間キャラばかりが目立っていたので、ある意味今回の映画のほうがポケモンらしさを大事にしているのかな、と思いました。

主題歌の「仲間を増やして」のところで、初代アニメではタケシとカスミが映りましたが、今回の映画ではキャタピーを捕まえるシーンが流れたんですよね。そうそう、仲間を増やすって本来はそういう意味だよなあと思いました。

何のためにバトルするのかと聞かれ、全部のポケモンと友達になるためと答えるサトシ。
イワークに話しかけて通じるサトシ。

うん、前から思ってたけど……

Nいらないね!!

追記で細かい感想。ネタバレ注意です。



* * *


今作はアニメ無印を土台に、他のシリーズの要素も取り入れたセルフオマージュ作品のようになっていました。
サトシとピカチュウが主役、リザードンが準主役というところでしょうか。
アニメから抜粋された主なエピソードは、

・遅刻して旅立ち
シゲル、後ろ姿で登場。ちゃんとゼニガメ貰ってた。
欲を言えば声も欲しかった……小林さん好き……

・オニスズメ襲来
サトシの「俺を何だと思ってる!」が闇っぽくていいね。
闇動画ではあそこでピカチュウ1匹目死亡でしたっけ。

・ピカチュウと仲良し
ほぼほぼ恋人同士っすね。羨ましい。
アニメシリーズより仲むつまじさが強調されてました。
私の好みからすると、やや濃厚すぎたかも。

・捨てられたヒトカゲ
え!!!!ダイスケが整形してr……あっ、別キャラだったか。
クロスはまさに、ダイスケとシンジとスワマをクロスさせたようなキャラ。
ルガルガンとの絆が描かれてたのはすごく良かった。これくらいの濃度がいい。

・バイバイバタフリー
ごめん、みんなここで泣いたっていうんだけどさ……
今回泣けるエピソードばっかりで、だんだん麻痺してきちゃったのよね。
直前のレントラーに全てを持っていかれ、涙が枯れて泣けなかった。

・こんにちはホウオウ
三犬との関わりもきちんと説明しつつ、良い具合にまとめていたと思います。
このホウオウはやがてセレナに転生し、今はカプ・コケコと呼ばれています。


ふざけててすみません。いや、わりと真面目に書いてるつもりなんですがw
クロスの登場シーンでイッシュリーグの音楽が流れてたと聞いて、!?!?となりました。
え。え。え。マジで?
あ、でもイッシュリーグって……四天王戦じゃなくてフロアの音楽のことか。
四天王戦だったら私、きっと立ち上がっちゃってた。


えーと、では次は、映画オリジナルの要素について。。。

・マコトとソウジ
二人ともいい子。
ソウジはシンジ的なポジションかと噂されていましたが、普通にデントやシトロンみたいな感じでしたね。
マコトは、私は普通に見てたのですが、他の人のツイートを見て仰天。
えーーーー!お母さんが有名なトレーナーって、そ、そういうこと……!?
シロナさん……? え……えーーーーー!?
相手はミツルですか

・タマムシジム戦
よ……良かった。普通に勝ってバッジ貰ってた!
エリカさん抜擢は嬉しかったです。
これってやっぱり、渡すバッジが「レインボー」だからですよね。

・負け慣れてないサトシ
最初から勝ち続きで、クロスに負けた時にガクンときてしまう。今までにないパターンですね。
アニメ無印では、負けてショックを受けているシゲルと親衛隊に対してカスミが「負けるたびに泣いてたらサトシなんか干からびちゃうわよ」と喝を入れるほどだったのに。

・ポケモンだけがいない世界
うぅ……首藤さんの原案にあったという、あれですね。
アニポケはこういう終わり方をして、現実世界に生きる私たちに繋げる、ということもできたんですよね。
でもこうならなくて良かった。
そして「オーキドせんせい」という言葉がバグ技じみている。やばい。

・レントラー
やめて、私こういうのダメなんだってば。
アニメサンムーンのニャビー回もきつかったもんね。。。
安らかに微笑んでいる死に顔が、つらくてつらくて、思い出すだけで苦しいです。

・サトシ消滅&復活
これはミュウツーの逆襲や波導の勇者のオマージュでもあるのかな?
狂ったポケモンが一斉に襲ってくるシーンは、アニメDPの鋼鉄島回を思い出しました。ルカリオいるし。
BWのアクロマ回にも近いかな?

光彦ピカチュウが喋り出す
これも首藤さんの原案だっけ……。
正直、萎えるのでやめてほしかったです。


全体的によくまとまっていたし、エンディングで歴代キャラが映るのも良いファンサービスでした。こうして見ると私、アイリスとデント好きだったなあと改めて思いました。

マコト&ソウジと別れるシーンは、タケシ&カスミと別れるシーンを踏まえていたし、思い出を塗り替えるのではなく軽くなぞる感じで、思ったほどオブリビエイトではありませんでした(笑)

うーん、ただ、泣かせるシーンばかりを詰め込んだせいで、あまり楽しい気分にはなれなかった。
アニメのサンムーンが本当に毎回楽しくて笑えるので、どうしてもダウナーに見えてしまうところはあるよね。
来年はサンムーンのドタバタ映画が見たいなあ。ザオボーさん来ませんかね

私は泣ける映画よりも腹筋崩壊映画が好きなので、今回の作品を最高だとは言えませんが、見ごたえのある作品だったと思います。
ちょっとBGMだけもう1回確認したいけど、劇場に何度も見に行く気力も財力もないので、テレビでやったら見ようかな(笑)クロスでイッシュリーグ……なぜ!!!w
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メニュー
プロフィール

mafuyu

Author:mafuyu
「れみ」名義で小説も書いています。

拍手とか



どのジャンルへの感想も大歓迎です!

☆拍手お返事ページ☆

blogram投票ボタン
気に入ってくださったら投票よろしくお願いします♪
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR