好きなものを描いたり語ったりするブログです
おまけのルシフェル
2017年07月25日 (火) | 編集 |
ルシフェルとの旅・ちょっと詳しく(笑)

20戦目を過ぎてから自分のほうにヘイトが集まり出し、主導権を握りづらくなりました。

ツリーの敵は基本的に、弱点を突ける相手がいたら真っ先に狙う仕様になっています。
それ以外の場合、どうやってターゲットを決めているのかは謎です。
20階まではブラッキーにヘイトが集まっていたのですが、それも偶然なのかどうかわかりません。
徐々に徐々に、私のテテフが狙われるようになっていくのは歯切れの悪い怖さがありました(⌒-⌒;


ルシフェル緑1


ルシフェル緑2


ルシフェル緑3


テテフが落ちるとカリンさんのようなパーティになってしまう(笑)
珍しくフィールドを書き換えられて緑になったので撮影しました。
爽やかルシフェル。



30戦目、ここも突破。

ルシフェルとグズマとマオ


ここまでは、ブラッキーが落ちることはほとんどありませんでした。
ところがこの後、敵のAIが賢くなったのか、真っ先にテテフとヘルガーを袋叩きにするようになったため、簡単に負けてしまいました。

ていうか普通はそうするよね!

テテフを放置してブラッキーをじわじわ削ってる人、見たことないですもの。

30階から先は個体値も最高になって、明らかに敵が強くなるのですが、ひょっとしたらAIも違うのかもしれませんね。
そしてそれはスカウトした時にも反映される……?

うぅ。よくわからない。
でももしかしてAIって、キャラごとではなくポケモンごとに決まってるのかなあと思いました。
スカーフガブならシロナさんでもミツルでも同じ動きをするし、スカウトした場合もやっぱり同じなんじゃないかと。

キャラの見た目に騙されてしまいがちですが、要はどれだけ良い組み合わせを引くか、ということなんですよね。


ルシフェル負けた


でも可愛いって大事だと思う。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック