好きなものを描いたり語ったりするブログです
またポケモン尽くしですが
2017年09月28日 (木) | 編集 |
ポケモンのストーリージャックについて。
(いきなり攻撃的になるなよ)

巷ではメアリー・スーと言われてますが、これはもともと二次創作に出てくるキャラを指す用語なので、意味が広がったとはいえ使いづらいです。なのでストーリージャックと呼ばせていただきます。

ポケモンで思い浮かぶのはNヒガナリーリエの3人ですが、私は若干ヒュウも疑わしい、さらにはAZも……、と、このくらいが範疇になってます。

でも実際によく挙がる名前はヒュウやAZではなくハンサムなんですよね。
私もこの人あんまり好きじゃないのですが、そこまで乗っ取られた感はなかったです。

プラチナで初登場し、BW2の七賢人イベントでも登場し、XYのクリア後にも登場し、サンムーンのUBイベントにも……あっ、乗っ取られてましたすみません。

あれですね、ハンサムは「クリア後ジャック」です。
そんなに特徴のあるキャラではないと思うのですが、こうも複数のシリーズにまたがって登場していると「何でこの人だけ?」という気持ちにはなります。
ORASには登場していませんが、ORASのクリア後ジャックはヒガナですから、さすがに敵わなかったですね。
ヒガナを追う役としてハンサムをぶつけたらどうなっていたんだろうと興味深いですが、そこはダイゴさんの席なのでやっぱり取れない。

ハンサムは強弱関係でいうと他のジャックさんに負けるのですが、入れるところにスルッと入って長く生き延びるタイプだと思います。
うーん、すごく嫌いかと聞かれるとそんなことはないです。でも、めんどくさいキャラだなあとは思います。
プラチナやXYは警察の存在が希薄だから仕方ないですが、サンムーンはクチナシさんを筆頭に警察官があちこちにいるので、何も彼を出張させなくても良かったのでは?

他には、シロナさんも若干言われているようです。
まあ確かに出演作品が多いですし、プラチナではちょっと異様なほどヒロイン扱いだったかなとは思います。
ダイゴさん共々、ストーリーを乗っ取ってはいないけれど特別扱いが過ぎる感はありますね。
サンムーンではツリーにいるだけなので(私もお世話になったしw)出すぎているとは思いませんでした。

というか、アクロマさんとギーマさんとジナ&デクとリラさんはストーリーに多少関わったじゃないですか。
シロナさんとミツルは全く関わってないんです。さすがに自重してくれたんじゃないかと思いますよ。単にツリーに没頭しすぎて出てこられない設定なのかもしれませんが。

(あ、違うわ、この二人は仕事ができすぎて本編に絡ませるとリーリエ係長の立場がry)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック