好きなものを描いたり語ったりするブログです
あるあるで闇サトピカ
2009年03月08日 (日) | 編集 |
ジンダイ×闇サトシってアリでしょうか。

オーキド×闇サトシもアリでしょうか。。。

カップリングというより虐待に見えてしまう年齢差。

某動画で、ジンダイが鼻血を出しながらサトシの後ろ姿を見ている画像がそれはもう強烈で、その後サトシがジンダイに背を向けて泣いてる絵が出てきたときには、何をやらかしたんだ!? ジンダイのヤツ何をやりやがったんだ!?? と本気でドキドキしてしまったものです。



ゆる様からバトンをいただいたのですが、こちらで賑やかに答えたい気分だったので、闇サトピカと遊びながら回答します♪

タイトルをつけていただいてあったので、そのまま採用します。



見てくださる方は追記をどうぞ。



あるあるorねーよwバトン

〜闇サトピカ編〜



1.「よく振ってからお飲み下さい」開けてから気付く。

ピカ「振れ」

maf「えー。これフタ開いてるじゃないですか〜」

ピカ「いいから振れ」

maf「最低。もう二度と電話しないで!」(ばしゃん)

ピカ「その『振れ』ではない・・・」(ポタポタ)



2.メールは来ていないのに、センター問い合わせを何度もする。

闇「メールメールメールメール俺様俺様俺様俺様バ、バクラ〜、バ、ババクラ〜♪」

maf「ピカチュウさん、あんたの下僕壊れてる!」



3.思わずガッツポーズをしたが、我に帰るとかなり恥ずかしい。

maf「ガッツだぜ!」

闇「ゲットだぜ!」

ピカ「ピッピカチュウ!」

命名:恥ずかしい三人衆



4.回ってきたプリントが自分だけ白紙。

maf「先生、真っ白です」

ピカ「中身ぐらい自分で書け」

maf「そのときピカチュウさんは闇サトシの○○を××で甘く△△し・・・」

ピカ「何を書いている!!」



5.カップアイスやヨーグルトの蓋の裏を舐める。

ピカ「さて、食前にスーパーカップの蓋をいただくとしよう」

闇「そいつは聞き捨てならねえな。俺は昨日から狙ってたんだぜ」

maf「あの〜。アイス本体もらっちゃっていいの?」



6.店員さんだと思って話しかけたら、お客さんだった。

maf「メイドサトシ・・・」

闇「何か言ったか?」

maf「いえ、何も・・・」



7.書いた字を消しゴムで消したが、また同じ字を書いてしまう。

maf「そのときピカチュウさんは闇サトシの○○を××で甘く△△し・・・」

ピカ「なぜそんな長文が一言一句たがわずに書けるのだ!?」



8.バスタオルを使って縄跳び。

ピカ「この・・・こしゃくなタオルがああああっ!!」

maf「タオルが長いんじゃなくてあなたの手足が短・・・」

闇「この日マサラタウンでは、まふゆ死亡説が飛び交った」



9.自販機で同じ種類の飲み物があると全部ボタンを押して、どれが点滅するか実験。

ピカ「誰だ、いちご牛乳なんか押しやがったのは!」

闇「手持ち6匹に押させるのは無理があったか・・・」

maf「3匹がコイキングで残りがマルマインだものね・・・」



10.熱くもないのにフーフーする。

maf「フーフー・・・」

ピカ「フーフーフー・・・」

闇「ちっ、やってらんねえ。俺はもうバカ殿になるぜ」

飴食い競争の白い粉に苦戦する3人。



11.自動ドアなのに自分が行くと反応しない。

ピカ「・・・」

闇「・・・」

maf「・・・あら」(ウィーン)

体重に反応したのか? 3次元に反応したのか?



12.野球中継が延長したのを知らずにビデオを撮り違う番組が録画されていてがっかりする。

maf「ポケモン録ろうとしたのに遊戯王録っちゃった」

ピカ「曜日からして違うではないか!」

闇「しかもバクラ出てねえんだよ・・・」



13.じゃんけんのグーパー(グーとパー)でチョキを出す

ピカ「これはパーだ」

maf「え〜?」

ピカ「俺様がパーだと言ったら指の数が少なかろうがパーなのだ!」



14.鏡の前で速攻で振り返って、自分の後頭部を見ようとする。

maf「ピカチュウさんの後頭部もふもふ〜♪」

ピカ「どれ?」(バシン!)

maf「もうちょっと速く振り返ってみて」

ピカ「このくらいか?」(バシン!)

maf「そうそう。何度もやって」

ピカ「よしきた」(ビシッ!バシッ!ビシッ!)

闇「・・・」(アイアンテールで瀕死)



15.ティッシュの箱を開けて最初の一枚が上手く取れずに何枚か無駄にする。

ピカ「こ・・・の・・・全部出してくれるぅぅぅぅっ!」

maf「ピカチュウさん花粉症?」



*******



お疲れさまでした。

ちなみに回ってきたプリントが白紙だったことは実際にあります。

「先生、真っ白けっけです」となぜか「け」を多く発音してしまいました。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック