初☆レジン使ってみた

今まで、プラ板キーホルダーを作るときの仕上げは「水性ニス」のみ、またはその上からマニキュアを少々塗るというものでした。

今日初めて、100均で「レジン」と「ラメパウダー」を買うことができたので、今回作ったプラ板にさっそく塗ることにしました!

ニスとレジンの違いですが、簡単に言うとニスは表面をつるつるさせるだけで、レジンはそれに加えてぷっくり膨らませる効果があります。
そして、レジンは油性ペンを滲ませてしまうので、描画面に直接塗ることはできません。

・描画面をニスで保護してからレジンを塗り重ねる
・描画していない面だけにレジンを塗る

このどちらかになりますが、せっかく手持ちにニスがあるので、上の方法をとることにしました。


いつものように、半透明フロストタイプのプラ板に絵を描き、焼きます。

焼きあがったものがこちら。

ギーマさんとバケッチャキーホルダー1


ここにニスを塗り、乾くまで待ちます。
ニスを塗ってもあまり見た目は変わらなかったので、ここは省略(≧∇≦;


いよいよレジンを塗ります。初レジン!
とってもドキドキしましたが、チューブから出してラメをふりかけ、それを爪楊枝で伸ばせば簡単に濡れました♪

太陽光に数十分当てれば完成です。

ギーマさんとバケッチャキーホルダー2

良い感じにぷっくり。
ラメも光っています。……が。

ねえねえ、これ、色や線がちょっとわかりづらくなってない??汗

ピンクのバケッチャとギーマさんを描いたんだけど、ベージュになっちゃってない??(^ー^;;

色味としては、ニスもレジンも塗る前の、焼き上がりの状態が一番好きかもしれない……!
曇りガラスみたいで、とてもきれいに発色するんです。
ただその状態だと当然色鉛筆が禿げてしまうし、外に持っていくことはできないんですよね。

ちょっと悩ましい。次はニスだけ塗って、そこにラメを混ぜてみようかな。
レジンのぷっくり感はとても好きなんだけど、色が残念だなあと思ってしまって。

そして太陽光が足りなかったのか、乾いた後も少しぺたぺたします;;
他のプラ板と一緒に保管したら確実にくっつき合ってしまうんじゃないかと思うほど。
握ったら指紋も付きそう……。
薄塗りを繰り返すなど、工夫が必要みたいですね。レジンも奥深そうなのでまた挑戦してみたいです。

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mafuyu

Author:mafuyu
「れみ」名義で小説も書いています。

拍手・お返事




どのジャンルへの感想も大歓迎です!

☆拍手お返事ページ☆

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR