好きなものを描いたり語ったりするブログです
Dream on Ice 2008
2008年06月30日 (月) | 編集 |
横浜プリンスホテルで開催されたDOI 2008の模様が昨日放送されました。

ランビさん! 坊主のままじゃなかったのですね!

良かったあ・・・。



選手の皆さん方は、本当にいつお休みになるんだろうと思うくらい、オフシーズンも忙しいですね。もうこの時期には新しいプログラムを完成させているみたいで。

始めて見るエキシビションは・・・なんかもう、見るだけで胸が躍ります。画面越しでも、すぐそばで見てるような気分。

競技が始まると、やっぱりSP、FSを見るほうが好きになってしまいますが、この時期だからこそ嬉しいエキシビションです^^



何より、織田くんの日本での公演は1年ぶりだそうで、本当に復活おめでとうございます。

モロゾフコーチ振り付けの「トスカ」は、手の動きなどが大人っぽくて、でも着氷やステップの軽やかさは織田くんの天性のもので、コーチと選手の持ち味が良い具合に融合していると思いました。

衣装は、ライサさんが着ていたものと雰囲気が似ていますね。トスカといったらああいう白い上着に長めのパンツというものなのかしら?



高橋くんは、モロゾフを離れてどうなるかと思っていたら、今回の振り付けはなんと宮本さん。だ、大丈夫かしら・・・と思う中、またものすごいSPナンバーを披露してくれました。

も、もうSPがこんなに出来上がってるなんて・・・しかもジャンプが高い。2ndのトウループが、前から高かったけど、さらに高くなっている気がしました。

音楽はアコーディオンのメリハリのきいた曲で、高橋くんに合っていたと思います。競技で見るのも楽しみです。



真央ちゃんのタンゴは、ステップが・・・!

あれは何だろう。タラソワさんの振り付けですよね。びっくりしました。

あんなに素早い動きを、音楽に合わせて組み込めるなんて、ヤグディンにも匹敵するのではと思います。

スパイラル、スピンのポジションも美しく、ステップの速さと対照的に、ゆるやかで丁寧な印象でした。

真央ちゃんはSPのジャンプ構成を3パターン用意するとのことですが、ルッツの調整具合と相談しながら決めるということでしょうか。場合によっては、3Aの入ったSPを見ることができるかもしれませんね。



美姫ちゃんは40度の高熱を押しての出演だったそうですが、美しい「ボレロ」でした。赤と黒の衣装は今回多かったけれど、美姫ちゃんはさすがに着こなしが上手です。

でも心配なのは、あの世界選手権の後で、モチベーションを崩してしまったらしいこと。

メンタル面の不安定さは、必ずしもマイナスではないと思うけれど、こう頻繁に「辞めたい」という言葉が出てきてしまうのは気がかりです。

肩は手術ではなく筋肉強化で治療していくとのことですが、精神面のほうでもしっかり支えてくれる人が付いてくれたらいいなと思います。



びっくりしたのは村主選手。道化師ですよ!

モロゾフで道化師といえば、思い出すのはフランスのプレオベール選手です。

まさか村主さん、あの路線で・・・? でもプレ男さんはある意味人外の境地に到達してるし、さすがにあそこまでは・・・ねえ?

今までの村主さんとは違って、可愛らしく奇矯な表情が多く、吹っ切れたように見えました。

こんなことを言っちゃいけないけど、道化師だと、ジャンプでよろけた時も演技の一部みたいに見えるんだよね・・・。



中野さんや小塚くん、西野ちゃんの新しいプログラムも素敵でした。

そしてまさか、招待選手が男女ともスイスだったとは・・・!!

サラさんの「アメリ」、ランビさんの「ポエタ」は何度見ても美しいです。

しかし、フランメンコの先生とシンクロして踊るって凄いコンセプトですね。

最初に二人並んで始まった時は、ちょっと笑ってしまったけど^^;

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック