好きなものを描いたり語ったりするブログです
エキシビション 〜やっぱりプル様はプル様だった〜
2010年02月28日 (日) | 編集 |
エキシビション、津波警報に負けてた気がします・・・



でも素晴らしかった。こんなに豪華なメンバーが集まる機会はそうそうないので、津波付きでも見られて嬉しいです。



全体の演出がわりと大人しめな中、プル様は異彩を放っていました。

「Je suis malade」。心を病むほど恋しい、そんな心情を歌った作品だそうです。

気が狂ったようなステップ、2度のトリプルアクセル、不思議な体勢から入るスピン・・・

見ている人それぞれが、違った感情を重ねることができるような、激しく衝撃的なプログラムでした。

思えば、今シーズンの復帰は天変地異のようだった。

びっくりするような発言、挑発的な行為に、他の選手の立場をないがしろにされた気がして、反発したりもしました。

でも、この五輪でSP、フリー、そして今回のEXナンバーを見て、いつの間にかそんなプル様が好きになっていました。

この人面白い、と心底思える試合を見せてくれたと思います。

あの舞台に居てくれてありがとう、プル様。



高橋くんのラブレター、真央ちゃんのカプリース、ヨナちゃんのタイス・・・みんな素敵でしたが、少し控えめというか、あまり弾けていなかった気がする。

美姫ちゃんのレクイエムは気迫に満ちていたけど、衣装がちょっと、あの証明の下では映えなかったかもしれない。でも五輪の舞台であのエキシビションを披露することができて、今回の美姫ちゃんのコンセプトは全うできたと思います。



川口さんとスミルノフさん・・・す、すごすぎる。

サーカスの見世物のように陽気で、妖しげで、残酷。

大胆なポーズと誰よりも高いリフトが目を惹きました。

どうしてこの人たちがメダルに届かなかったんだろうと、とても悔しく思います。













・・・で。

あの風船は偶然なの? 偶然なんだよね?

嫌がらせじゃないんだよね?

良かったです、怪我とかしなくて。

でもあの風船のおかげでPちゃんの笑顔が見られたような気がする。











* * *









なんだか可愛いものを見つけてしまったので置いておきます。



2002年ソルトレーク五輪 ジュベLP



2002年ユーロ ランビLP



2002年ということはそれぞれ17歳と16歳・・・でしょうか。

ジュベさんは既にジャンプが超きれいだけど繋ぎが微妙に大雑把。

ランビさんは既にスピンが速くて手の使い方が巧みだけど3A抜き。



結論。

やっぱりジュベさんはジュベさんだった!

やっぱりランビさんはランビさんだった!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック