好きなものを描いたり語ったりするブログです
ネーベルホルン杯 町田樹選手優勝!
2010年09月25日 (土) | 編集 |
ネーベルホルン杯の男子シングルが終わりました。

結果は
→こちら



町田選手はショート・フリーともに首位で堂々の優勝です。

フリーではクワドを成功させ、アクセルも2度入れ、連続ジャンプも後半に組み込む高難度構成で、大きなミスなく滑りきったようです。

おめでとうございます!グランプリシリーズや全日本が楽しみすぎます(〃▽〃)



アメリカのアーミン君はショートで出遅れてしまったようで、惜しくも4位。

でもプロトコルを見ると、フリーは全米の時よりもミスが少なくまとめられていたようです。



ミハルは怪我の影響で今回はふるわなかったとのこと。

あまり深刻でないと良いのですが・・・JO来てくれるのは嬉しいけど、体が大丈夫か心配です><

クワドを取り入れるとどうしても全体をまとめるのが難しくなり、怪我のリスクも増えるのが悩ましいところですね。



カナダのラッセルは持ち味の3F-3Loをまた成功させました!

そして3S-3Tも成功し、上位に入った選手の中では唯一セカンドトリプルを2度成功させたことになりました。

アクセルがうまくいかなかったのは残念ですが、今シーズンはもっと伸びてくるといいなと思います。



ああ、早く映像が見たい!







* * *



荒川静香さんプロデュースのフレンズ・オン・アイスでは、高橋くんの新SP、小塚くんの新FS、美姫ちゃんの新EXなどが披露されました。

高橋くんが中心となり、小塚くん、本田さん、ライサ、クーリック、岳斗さんでヒップホップを踊るシーンもありました。

振付依頼から衣装の手配まで全てを指揮する高橋くん、忙しい中大変だっただろうと思います。

今シーズンのプログラムも仕上げなければならないし、夏の間も休む暇がなかったんじゃないでしょうか。



それで思ったんだけど、ジーンズ姿でヒップホップって、あまり手足の長い大柄な体つきじゃないほうが似合う気がする。

高橋くんの小柄な体格が、かえってかっこよくワルっぽく見えました。

ライサと小塚くんは、どうやっても良い人オーラがぬぐえない(笑)

クーリックさんはまったく年齢を感じさせなくて、それでいて落ち着いた魅力もあって、今なお五輪金メダリストとして色あせていない感じだった。今度またゆっくりこの人の演技が見たいと思いました。



高橋くんの新SPはラテンメドレーで、マンボの明るいリズムが軸になっていました。

ステップは今まで以上に細かく躍動的で、本当にこれが競技用ナンバーなの!?という感じ。

でも衣装はあの色合いじゃないほうがいいな〜。

エマを彷彿とさせる赤と黒で、胸の開いたデザインなんだけど・・・

個人的には、高橋くんにはもう少しシンプルな色のほうがお洒落に見える気がします。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック