好きなものを描いたり語ったりするブログです
NHK杯 高橋大輔選手優勝 村上佳菜子選手3位!
2010年10月24日 (日) | 編集 |
N杯が終わりました。

シーズン初戦ながら激戦で、特に男子は華やかで充実した演技を見ることができました。



<男子>

1位 高橋くん

2位 アボ

3位 アモディオ



<女子>

1位 コス嬢

2位 フラット社長

3位 カナ





アモディオのジャンプが綺麗すぎる。

あざといほどのパフォーマンスはモロにモロゾフテイストでしたが、この選手はその振付に飲み込まれないほどの存在感を持っていると思いました。振付を体になじませてしまっていますね。



アボット&フラット両全米チャンピオンは、ショート・フリーともに安定した気持ちの良い演技でした。

特にアボ君は、顔色まで良くなっていてびっくり。

ショートの「え?ランビ?」的な雰囲気と、フリーの「あ、アボだv」的な雰囲気が対照的で、どちらも完成度が高かったです。

前よりも吸引力が強くなったような気がします。最後まで目が離せませんでした。



高橋くんはフリーでクワド成功、その他のパフォーマンスも素晴らしかったです。

腕をぐっと差し出して強い視線を送るショットは、他の人では決められないと思います。

ジャッジへのアピールも近い近い(笑)そこまで近づかれたら点数つけてる場合じゃなくなるって!

ジャンプのミスはありましたが、クワド以外も難易度の高い構成で、トリプルアクセルを2本綺麗に決めたのはさすがでした。



しかし点数。

盛 ら な い で く れ 〜 !



高橋くんの演技が一番心を揺さぶるものだったし、全体の難易度も高かったと思う。

でもいくら何でも他の選手と採点が違いすぎるのでは・・・?

今回はアボット&フラットが優勝で良かった気がする。

もちろん高橋くんとコス嬢も良かったし、二人とも大好きですが、だからこそなんだかモヤッとするのです。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック