好きなものを描いたり語ったりするブログです
ローゼン再アニメ化はあるのか?
2011年01月15日 (土) | 編集 |
もしローゼンが再アニメ化されるとしたら、連載中のヤングジャンプ版の展開と、今までのアニメ無印&トロイメントの展開をどちらも踏まえたストーリーになると思います。




アニメトロイメントは、蒼星石と雛苺がリタイアした状態で他のドールは健在、蒼&雛のローザミスティカはnのフィールドで雪華綺晶が手にしている、という情勢で終わりました。

つまりリタイアしたドールをのぞいて全員目覚めており、アリスゲームができる状態です。ヤングジャンプ版と同じように真紅チームvsきらきーで続編を進めることもできますが、アニメでは何となく「戦わないほうがいい」という結論がついてしまった気がするんですよね。




薔薇水晶にそそのかされて戦った偽アリスゲームでは、全員で戦うとどういうことになるか、みんな思い知らされたでしょう。

最後の真紅vs薔薇水晶戦で、どんどん戦って奪えと指令する槐と、もうやめて家に帰ろうと頼むJUM、どちらがローゼンの心に近かったかというと、JUMのほうだと思います。少なくともあのアニメのあの時点では。




でもアニメの最終回では、薔薇水晶以外は誰も戦うことを望んでいなかった。

ローゼンメイデンは「生きることが戦うこと」であるのに、全員が「戦わないために戦う」のでは、勝つことができなくて当たり前だったのかもしれない。

戦うにせよ戦わないにせよ、自分の意志に忠実でなければ悲劇を呼んでしまう。薔薇水晶に踊らされ、まやかしの目的のために戦っていたゲームでは、自分が生きて戦ったことにはならないのかもしれない。




いざ本物の第7ドールが目覚め、ここからがアリスゲーム本番!という流れでアニメ再開・・・も、ないわけではないと思います。

とりあえずアリプロとkukuiのローゼンソング新作が聴けるとしたらすごく嬉しい。





そしてもちろん、ローゼン声優陣の共演がまた実現してほしいという願いもあります。

薔薇水晶役の後藤紗緒里さんはとてもぴったりで好きですが、だからこそ雪華綺晶はまったく別の人にしてほしいな〜と・・・。




実際のところは、放送枠やスタッフ確保が難しいだろうし、たぶん再アニメ化は無理じゃないかとは思うのですが。

でもトロイメントも微妙な終わり方だったし、原作もせっかく再開からいい調子で連載されてるし、少しだけ期待してしまうのですよ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック