ヤングジャンプ版ローゼンメイデン TALE32 感想

プラズマ団のげしげし動画歌ってます。

よかったら一緒にげしげししに来てください。



→こちら(ニコニコsm13526707)



しかし最近のニコニコは世知辛いな・・・。

昔は素人のクオリティでも米2桁は行ったのに、今はプロ並みじゃないと相手にされないなんてねぇ。

まあそれが時代の流れなんでしょうな。





追記でローゼン感想です。


学校生活に復帰することに決めたJUM。しかし登校中から違和感を感じ、それを周りに悟られていると思いこみ、気分が悪くなり倒れてしまう。

保健室で寝ていると、知り合ったばかりの皆人が見舞いに来てくれて、戸惑いつつも心を動かされる。

その日、学校は転校生の話題で持ちきりだった。病弱な令嬢と噂されるその正体は、なんとめぐ。

「桜田くんに会いたいからこの学校に来た」と笑顔で言うめぐだが・・・。




* * *




久しぶりの登校は、すんなりとはいかなかったですね。

元々持っていた対人恐怖に加え、不登校だったことでますます周りとの溝が深まってしまった・・・ようにJUMは思っています。




敏感すぎて、全てを悪意のように受け取ってしまう。

年頃のせいもあるし、極端なネガティブ思考のせいもあるでしょうね。

唯一親しみを感じられる存在である巴も、学校での顔をきちんと持っていた。そのことにショックを受けて、疎外感が膨れ上がってしまった、というところ。




この自意識過剰を克服するには、自分の見方を変えるしかありません。まかなかったJUMと同じように、自分で選び取っていくことが必要です。

人からどう見られるかじゃなくて、自分がどう捉えるか。

それによって、集団の中の居心地ってがらりと変わるんですよね。

もう大学生になって仕事もしているあっちのJUMと比べ、中学生のJUMには難しい問題かもしれません。まだ、学校の中が全てとも言える年齢だからね。長く向き合っていくことになるのでしょう。




正直、ここまで思い詰めた考え方をするほどの境遇か?とは思いますが、まあ性格ということで。




さて、どこまでも友好的で親切な皆人くんと、突然転校してきためぐ。

怖いですね。

二人とも穏やかな表情で、屈託のない物腰が好ましく思えるものの、どこか宙に浮いたような不安感をまとっています。

めぐはあの瞳孔人形の件があるし、皆人くんはこのタイミングで出てきた新キャラだし、十分すぎるほど怪しい。やっぱりきらきーの手先か?




この二人が完全にきらきーの手に堕ちていたとすると、JUMの学校生活は不穏なものになりそうです。

仮にそうだとすると梅岡先生なんて気にしてる場合じゃなくなるし、かえって良いかもしれませんが。

でもきらきーならJUMを陥れるためにどんな手段でも使ってくると思うのよね。

一見現実的に見えるような傷を負わせて、今度こそ心を閉ざさせてしまえば大成功。学校という場所にトラウマのあるJUMにとって、その恐怖心にきらきーが介入してくることは危険極まりないです。




いざという時味方になってくれそうなのは今のところ巴ぐらいでしょうか。

大穴で結菱さんってのもあるけど学校には来れないし、囚われてるし。

水銀燈が駆けつけて、めぐに働きかければまた何かが変わるとは思います。




翠ちゃんのツンデレ、朝の占いでマスターを元気づける蒼ちゃん、必死で猫に歩み寄ろうとする真紅。アリスゲームの歯車が回り出す中でも、それぞれの可愛さを見せてくれて嬉しいです。

nのフィールドに向かった3人が、次回何を見るのか気になります。

金糸雀は別行動なのでしょうか。彼女の抱いていた疑問がこれから少しずつ大きくなって、決定的な火種になる予感もします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メニュー
プロフィール

mafuyu

Author:mafuyu
「れみ」名義で小説も書いています。

拍手とか



どのジャンルへの感想も大歓迎です!

☆拍手お返事ページ☆

blogram投票ボタン
気に入ってくださったら投票よろしくお願いします♪
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR