好きなものを描いたり語ったりするブログです
冬恋歌
2011年02月14日 (月) | 編集 |
バレンタインにちなんで、冬に聴きたいラブソングをいくつか選んでみました。

幸せな曲がほぼ皆無なので注意。





小松未歩『涙』

のっけから失恋ソングですが、とても美しい歌詞とメロディです。

真っすぐな声が純粋さと凛々しさを感じさせ、恋していると同時に相手を拒否しているような、少女らしい孤独感が伝わってきます。



相川七瀬『lovin' you』

恋心は売れたのにどうしてこの曲はそうでもなかったんだろう・・・。

雪がゆっくりと二人を断絶していく、それでも想いは降り積もる、つい陶酔したくなる曲です。

CMで濃いピンクの衣装を着た七瀬さんが印象的でした。



岡村孝子『冷たい雨』

相手が絶好調の時じゃなくて、落ち込んでいる姿を見て愛しさを募らせてしまう女心。

わかります、すごくわかります(笑)

でもなんだか、報われない気がするんですよね。



ALI PROJECT『あたしがアリスだった頃』

一途に恋していた、あの頃の自分にはもう戻れない・・・

というノスタルジックな曲かと思いきや、まさか魔女の呪いが関わっていたとは。

時の彼方に思いを馳せ、幸せだった恋を永遠に繰り返すのです。



谷山浩子『SORAMIMI』

伝えられない恋の歌。

相手にはもう他に恋人がいるのでしょうね。

閉じこめた想いが、星のささやきに混じって相手の心をかすかに揺らす、繊細な曲です。



華原朋美『winding road』

自分の心の波と恋のつらさがないまぜになって押し寄せてくる、切迫した曲です。

身を焼くほど・・・ではなくて、凍え死ぬほど強い愛を感じます。

ところどころ破綻した歌詞が、かえってリアルで怖い。



中森明菜『ドラマティック・エアポート』

あの有名な『北ウィング』の続編です。

離れて暮らしていた恋人たちが再び巡り会い・・・その後はわかりません。

愛しい人を乗せた飛行機が着いた、その瞬間が全てなのでしょう。






明菜さんと朋ちゃんの歌っている姿を再び見られる日は来るのでしょうか。

あの独特な深いビブラートと感情表現はなかなかできる人がいないと思います。




そういえば、2/5の記事で紹介した動画のレミーの声、朋ちゃんに似てますね。

私の好みってそういうところで一貫してるんだなと思いました。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック