好きなものを描いたり語ったりするブログです
扉絵の真紅かわいい
2008年08月28日 (木) | 編集 |
 本館サイトと繋がりました。

もし、あちらから来てくださった方がいましたら、ありがとうございます。リナリアの中の人のmafuyuと申します。リナリアより多少無遠慮ですが、基本は同じですのでよろしくお願いします。



さて、今日はヤングジャンプにローゼンメイデンが載る日でした。幸せです。

いつものようにネタバレ感想いきます。



 前回は髪の毛を掴み合っていた真紅&銀様・・・

今度はお風呂場で水をかけ合ってます。

可愛い。この二人可愛すぎるんだけど。



二人してびしょ濡れになってしまって、てるてる坊主のようにタオルにくるまっている姿が可愛くて可愛くて、こんな二人をダブル抱っこできたら幸せだろうなと思います。



真紅ちゃんはどうやら、元の世界に本来の体を残してきていて、今ある体はこっちの世界で大学生JUMが作ったレプリカのため、あと5日で消えてしまう運命らしいのです。

ローゼンメイデンは平行世界を越えて一人ずつしか存在しないのだとか。初耳だけど、それって平行世界をあらかじめ想定した考えですよね。じゃあ、いくつかの平行世界に、ドールが数体ずつばらばらに存在してしまうことだってあり得るのかな。例えば翠ちゃんと蒼ちゃんが次元の端と端に引き裂かれ・・・いやあ〜悲しすぎる!!

と、話が逸れましたが、今現在、真紅ちゃんの体は次元を越えて2体存在しているため、あと5日を期限にレプリカのほうが消えてしまうのだそうです。

何とかして、本物の体をきらきーから取り戻さなければならない。そして、残りのドールとマスターたちを助けなければ。その中には、銀様のマスターである「めぐ」も含まれます。



そんな状況の中、銀様に休戦協定を申し出る真紅。一笑に付す銀様の態度も、はなからツンデレだとわかっているようです。



凄いな真紅(°□°;



今回はとにかく銀様のツンデレが可愛かった。人工精霊がヨロヨロしながら紅茶を運んできちゃったところなんて、一昔前の「ぼのぼの」みたいなノリじゃないですか(笑)



真紅&銀様の共闘フラグも安心な高さまで上がってきました(フラグって標高で測るのかどうか知らないけど)。

二人の関心が「元の世界」に向かう中、心配なのはこっちの世界のJUMです。



くだらないと思っていた店長に説教されて、ずかずか心に踏み入られて、甘さや未熟さを指摘されて、全部見透かされてるみたいなことを言われて、またしても自信を失っているJUM・・・。

ああ、まるで自分を見ているみたいだ!!

と、思った人も多いのでは?



でもこの人、そんなに悪い要素ないよねえ?

顔も性格も頭の出来具合もまあまあだし、手芸の腕はマエストロ級なわけだし。

やれと言われれば力仕事もできるし、真面目に働けるし。

少なくとも、暗いとかキモいとか言われるような人ではないと思います。自分に対して極端にマイナス思考なだけで、それを周りの人もそう思っていると勝手に決めつけてしまってる感じですね。



読んでる側からすればそうですが、本人は絶望的にもなります。絶望的になると、実際の状況まで絶望的に思えてきてしまいます。

うーん、痛いなあ。

真紅も銀様も自分ではなく、どこか遠い世界を見ている。だったら、僕だけの人形をもうひとつ作ってしまえば・・・!



前回押し入れ行きの刑に処したはずの「新・少女のつくり方」を、JUMは開けてしまうのでしょう。そこから出てくるのは、おそらく翠星石・・・? そしてそれは、既にきらきーの傀儡になり果てているのでしょうか・・・?



なんだかJUMの目が怖かったです。アニメに出てきた人形師の槐、または蒼ちゃんのマスターみたいな・・・何かそういうのとダブって見えました。

ほらもう、蒼ちゃん来てあげてよ!

翠ちゃんが洗脳されていたとしても、JUMが病み果ててしまったとしても、代わりに病んであげられるのはあなたしかいないのよ!(酷)



病んでいるといえば、今回の銀様の名ゼリフ。

「私のマスターにふさわしい、病んでイカレた子」

いいですねえ。めぐちゃんだってそんなこと言われたら、マスター冥利に尽きるじゃないですか。

真紅×銀様の組み合わせが好きですが、めぐちゃんと居る時の銀様も好きなので^^





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック