好きなものを描いたり語ったりするブログです
学園ラブコメは危険がいっぱい
2011年04月07日 (木) | 編集 |
バトン好きなので時々やりたくなるのですが、今時どこもやっていない。

なので回す相手もいない。

だから出回らない、やる気出ない〜♪ってニートの歌か!



相手がいなくてもやる、それがmafuyuクオリティだ。

というわけで追記から、任天堂とナマモノの混じった危険な橋を渡ります。

意図せずしてカプ厨っぽくなってしまった部分があるので注意。




新境地開拓バトン 2nd 




01〜12に任意の人物名を入れ、それを後の文章に当てはめます。




→えーと、本当にジャンルごちゃ混ぜに入れちゃいますねv




01.ピカチュウさん (ポケモンより)

02.蒼星石 (ローゼンより)

03.M氏 (M小説より)

04.闇サトシ (ポケモンより)

05.浅田真央 (フィギュアスケートより)

06.レミー (マリオシリーズより)

07.闇ヒカリ (ポケモンより)

08.Pちゃん (フィギュアスケートより)

09.ラリー (マリオシリーズより)

10.鏡音レン (ボカロシリーズより)

11.小塚崇彦 (フィギュアスケートより)

12.闇デント (ポケモンより)




→ではでは、さっそく当てはめてまいりましょう。







【1】早朝、鳴り響く目覚ましにブチ切れぶん投げて壊してしまう(6・レミー)




→そのパワーを戦闘に使えないのか。







【2】寝ぼすけの(3・M氏)と、朝食の用意から身支度までを全部してあげちゃう世話好き(5・浅田真央)




→えええええずるいぞM氏!ていうか真央ちゃん逃げて〜><







【3】運命の出会いを期待して口にパンをくわえ、曲がり角にドキドキしちゃう(4・闇サトシ)




→おそらく一生何も起こらない。







【4】「異性の制服を着るなという校則は無い!」、そう言ってセーラーを着てきた(12・闇デント)




→誰も突っ込めないほど自信満々なんだろうなあ。







【5】授業中はいつも前の席の(2・蒼星石)にちょっかいを出す迷惑な(7・闇ヒカリ)




→無表情でふざけてる闇ヒカリと本気で迷惑がってる蒼ちゃんを想像すると可愛いです。







【6】体育の時間。制服の脱がしっこをしていたら皆に移動教室に置いていかれた(1・ピカチュウさん)と(12・闇デント)




→数秒後、10万ボルトで闇デントが黒こげに。







【7】お昼の時間。「お弁当作ってきたんだけど、屋上で二人で食べよう?」と(8・Pちゃん)と(9・ラリー)に詰め寄られる(1・ピカチュウさん)




→二人とも下手そう・・・。







【8】一方、「はい、あーんして」と、(5・浅田真央)と(11・小塚崇彦)は教室で甘々な空気を醸し出し、周りから冷やかな目線を送られていた!




→本人たちは友達同士のノリなんだろうけど、スクープ書かれちゃいそうですね。







【9】昼休み。恒例追いかけっこをしていた仲良しの(3・M氏)と(7・闇ヒカリ)。そんな二人を妬ましげに見つめる(2・蒼星石)の姿が…




→ぎゃー!







【10】(9・ラリー)に告白し玉砕してしまった(10・鏡音レン)。項垂れる(10・鏡音レン)を慰めたのは(4・闇サトシ)だった




→ちょww亀に惚れるなレン!! そしてその慰めは絶対罠だ。







【11】もうすぐ文化祭。バンドを組むことになった三人。メンバーは「ボーカル(8・Pちゃん)」「ギター(11・小塚崇彦)」「ドラム(3・M氏)」




→ギターとドラムが無駄に歌うまいんですけど・・・。そしてボーカルが致命的に(ry







【12】こちらは劇をやる模様。白雪姫役(7・闇ヒカリ)と王子様役(12・闇デント)。魔女役は(1・ピカチュウさん)に決定。




→なんという闇夫婦! しかし全て魔女の思うつぼになりそうな予感・・・。







【13】部活動。「気合が足らんッ!お前等の熱意はそんなものかァア!!!!」一人他の部員達とは温度が違う…。渇を飛ばす(10・鏡音レン)




→ボカロ部。部員は姉のリンだけ・・・。







【14】帰り道。(6・レミー)は(2・蒼星石)に「渡すものがあるから目瞑って」と言って、目を閉じた(2・蒼星石)に唇を押し付けた




→大きさ的にはちょうどいいですねえ・・・。あくまで大きさだけ。







【15】明日の為に早めの就寝。実は抱き枕とぬいぐるみが無いと眠れない(8・Pちゃん)




→眠れない様子を描写したほうがもっと怖そう。







終了。

ここまでお付き合いくださった方・・・はいないと思いますが、万一いらしたらバトンはお好きに持っていってくださいませ。



バトンの原型は→こちらにあります。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック