世界選手権男子FS アモディオの真意は

男子フリーが終わりました。

びっくりしすぎて眠気が吹っ飛ぶほど、事件が目白押しでした。



1 Patrick CHAN 280.98

2 Takahiko KOZUKA 258.41

3 Artur GACHINSKI 241.56




Pちゃんは宣言通り二度のクワドを成功。圧巻の演技でした。点数はもう・・・笑う。笑うぞこれは。

小塚くんは日本勢全滅が危ぶまれる中、期待を一身に背負っての演技でしたが、まさに完璧。クワドも3Aも後半の連続ジャンプも美しかったです。



ガチ君、まさかここまで躍進するとは!


プル様のように唇を突き出した表情と顔に手を添えるポーズ、ジャンプの降り方も印象的でした。



4位には4Tと4S両方を成功させたミハル。

5位は高橋くん、6位は織田くんでした。





さて何にびっくりしたって・・・



・高橋くんのアクシデント

ただただ残念で悲しかったです。

でも本人が、リンクに戻ってプログラムを演じきることに集中していたのが救いでした。

ソチまで続けてみようかな、という言葉が心強いですが、まずは心身を休めてほしいですね。



・織田くんの3T跳びすぎ

3T-3T、3A-3Tと冒頭2回のコンボを跳んだ時点で、素人である私も気づきました。

跳びたかったクワドが入らなかった、それが余程ショックだったのでしょうか。

ここまで来ると笑えない。



・テンちゃんの髪型

まさかのセミロングに。七三じゃないと一瞬誰だかわからなかった。



・アモのボーカル曲使用

おそらくこれが一番話題になっているのでは。

インタビューでは、観客と一緒に楽しみたかった、日本のファンにプレゼントがしたかったと話しています。

手違いでEXの音源が流れてしまったのではと疑う意見もあるようです。

演技を見ている時に真っ先に頭をよぎったのは、直前に滑ったPちゃんと小塚くんの高い得点と、かつてジャッジへの抗議でバク転をやって見せたスルヤ・ボナリーのこと。

本当のところはわかりませんが、笑顔で語ってくれたインタビューを一番に信じたいです。



→フローラン・アモディオインタビュー







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メニュー
プロフィール

mafuyu

Author:mafuyu
「れみ」名義で小説も書いています。

拍手とか



どのジャンルへの感想も大歓迎です!

☆拍手お返事ページ☆

blogram投票ボタン
気に入ってくださったら投票よろしくお願いします♪
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR