好きなものを描いたり語ったりするブログです
レンの魅力
2011年07月14日 (木) | 編集 |
物語仕立てになっている曲は好きだけど、あまり細かい設定が多いのは嫌い。

曲同士の関連があってもいいけど、あの曲の主人公はこっちの曲のこの人の正体で、そして実はこんな過去が・・・!みたいなのは調べる気にもならないわけ。



だってそれって、音楽作品じゃなくてただの設定集みたいじゃない?



ボカロ曲なんかも一作一作は好きだけど、関連性については深く知りたいと思わないんですよね。小説や映像作品にもなってるみたいだけど、曲聴いて自分でいろいろ想像するほうがラクだし面白い。

同じ理由でサンホラも曲だけ楽しむほうが好きです。それこそ関連性や裏設定多すぎてもう;



でも、偶然聴いたレンの「五番目のピエロ」に惚れてしまった。

ニコニコsm14639165ですがこれ、映像が素晴らしすぎる。レンをこんなに可愛いと思ったのは初めてです。

さすが悪ノP様の作品というべきか、シリーズものである上、他のいろいろな作品とも関連があるようですが、とりあえずこの一曲はすごくツボ。

ブラックラグーンのヘンゼルとグレーテルを思い出す、残酷さと哀れさですね。



別に役名が「レミー」だから好きなわけじゃないのよ?



でもこの曲好きな人ってだいたい物語として理解した上で好きなんだろうから、一生会話には加われない気がする(笑)

置き去り月夜の双子が成長してこれになったとか、「眠らせ姫からの贈り物」を聴けば全貌が見えてくるとか、すごい構成力だとは思うんですが・・・私の好きな楽しみ方とは違うんですよね。。。



とにかく絵が可愛すぎるのでそれだけで正義だ。このレンは。

M小説のレンを道化師にしてしまいたいぐらい。

(それこそ邪道すぎる後付け設定・・・;)



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック