好きなものを描いたり語ったりするブログです
ベストウィッシュは好評か不評か
2011年08月18日 (木) | 編集 |
私の印象では「不評」です。

いや私自身は好きですよ。今までのシリーズの中で一番楽しみに見てるかもしれないほど。

でもネットで見る限り、「ベストウィッシュになってから話の質が下がった」と言ってる人が多いと思う。

(信憑性の低い情報源と私の主観で申し訳ないですが)



人気投票でNが1位になるような世の中が悪いんだ!

と言いたくもなりますが、それとベストウィッシュの評価はまた別な気がするので少し考えてみました。



ベストウィッシュに対して出ている不満は、じつはそれ以前のシリーズの時から既に言われていることが多いです。



・サトシもういい戻れ(マサラタウンに)

・ピカチュウもういい戻れ(野生に)

・前のヒロインのがよかった

・ワンパターン飽きた



こんな感じで、「前と同じだからイヤ」という意見と「前と違うからイヤ」という意見が入り混じっているので、問題点がわからなくなりがちです。

私なりに解釈すると、サトシとピカチュウとR団は初代からずっと続投なのに、ヒロインはシリーズごとに変わる、という点が一部の人の反感を招いているのではと思います。

カスミ・ハルカ・ヒカリ・アイリスにはそれぞれ強烈なファンとアンチがついているため、誰がよかった悪かっただのと論争になりやすいのも原因です。



ベストウィッシュになってから特に言われるようになったこととしては、



・R団はもとに戻るべき

・作画が違う

・新ポケが好きになれない



などでしょうか。

新ポケについては原作ゲームの問題だと思うのですが、ベストウィッシュは以前のシリーズに比べてポケモン一体一体にスポットが当たる話が多いので、そいつらが全員嫌いとなると見るのがさぞ辛かろうと思います。

私としては人間同士の無駄なおしゃべりや代わり映えのしないやりとりを続けるよりは、たとえ不細工でもキモくても新ポケモンのいろいろな動きを見せてくれたほうがありがたいです。



R団は今までずっと「変装して悪さする→吹っ飛ばされてキラーン」を貫いてきたので、変わることに関しては否定的な人も多いと思います。

特に小さい子にとっては、ばいきんまんが「バイバイキーン」と言わなくなるぐらいショッキングでしょうね。

ポケモンの水戸黄門的要素といえば、R団の吹っ飛ばされるシーンとタケシのナンパシーンだったわけで、これが両方とっぱらわれたのは大きい。

私にしてみれば水戸黄門自体をまったく見てなかったりするので、R団が黒服でこそこそ動き回っていても何ら構わないです。むしろ彼らの口上シーンや吹っ飛びシーンを毎回入れるという制約がなくなった分、他のシーンを入れる余地ができて話の幅が広がったのではと思います。タケシのナンパに関しても同じ。



そんな私も不満点がないわけではなく、たとえばせっかくR団を組織的に動かしているんだから、HGSSのラムダやアテナを出してはどうだろうとか、デントはいちいち決めポーズや口上を唱えなくていいからもっと腐男子パワー炸裂させてくれとか。

こうして考えると、不満点が多く出るのはそれだけ期待が大きいということなんだろうなと。

原作ゲームについては私もけっこう、けっこういろいろ言ってますけど、それも初代から積み重なってきた期待や思い入れのせいだと思う。



最初の頃のような視聴率はもう取れないとしても、見ている人たちであれこれ言いながら盛り上げて、存続して、長寿アニメの域に達していくのだと思います。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック