好きなものを描いたり語ったりするブログです
拍手絵のお知らせとカナダ大会
2011年11月01日 (火) | 編集 |
拍手絵がようやくできました〜(´▽`*
一気に5枚、新しくなっています。
頑張ったぞ〜

表示方法は今までと同じで、拍手ボタンを押すごとに、

闇サトピカ→鏡音レン→擬人ポケ→コクッパ伝説→リナリア遊星メモリアル

の順に表示されます。
イチハ&ラオトを描くのは多分これが最後になると思います。
応援してくださった方本当にありがとうございました!


さて、カナダ大会男子フリーですが、順位は以下の通り。
Pちゃん強いわ〜

1 Pちゃん 253.74
2 フェル  250.33
3 高橋   237.87


高橋くんの技術点が伸びず、気がかりですが、4Fの回転不足と3Aのコンビ抜けが響いたのかなと思います。基礎点・GOEともに、見た目の華やかさに対して低い点数になりました。
でもジャンプは確かにまだ本調子じゃないし、これから全日本に向けて精度を高めていければいいんじゃないかな。SPの3Aのように質のいいジャンプには高いGOEがついてるわけだし。
プログラムや衣装はフリーのほうが好きです。振り付け師のカメレンゴは高橋くんをよくわかってるって言ってたけど、本当にそうだと思う。
緩急のついたステップや上半身の動き、ブルースの気だるさと哀愁は、高橋くんの良さを引き出してくれるプログラムだと思います。今のところ、今年の男子のプログラムの中では一番好きかも。

フェルナンデスの技術点はすごかった。特に基礎点が。
4Tと4Sを本当に両方入れてしまうなんて、ものすごい体力ですね。
Pちゃんや高橋くんに比べるとPCSはまだ低いけれど、その差も縮まってきています。
モロゾフ時代の演技力と、オーサーについてからの安定感が融合した感じですね。
ジャンプの軸が細くて着氷も軽く、シーズン通してどれだけ活躍するのか末恐ろしいです。

Pちゃんは最初の4Tを転倒したと思ったら何事もなかったように4T-3Tを跳んできてびっくり。
次の3Aも綺麗だな〜と思ったら何もないところで転倒してびっくり。
毎度ながら、次の行動が読めないお人だ。
アランフェスは情熱的なプログラムですが、彼のステップは疾走感がありながらどこかクールなのよね。
媚びないストイックさ、動きそのものの美しさが魅力なのでしょう。

でも美しさといえばりっぽん。
冒頭の4Lzは回転不足でしたが、まさか挑戦するとは思っていなかったので驚いた。
今までクワド入れてなかったのに、いきなり4Lzってウソでしょ!?と思ったけど本当だった。
すごいよりっぽん。
ピンクの衣装も、後半のタノルッツも美しかった。美しければそれでいいと言いたくなるけど、それ以上に彼の向上心に心を奪われました。

テンちゃんの4回転も安定してきたし、若い選手は成長が目に見えるから楽しいなあ。
女子もしっかり応援します♪
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック