好きなものを描いたり語ったりするブログです
ユベール・マンガレリ「四人の兵士」
2008年09月20日 (土) | 編集 |
久しぶりに本を読んだのですが、長々とレビューを書くのがもったいないような作品だったので、本館のブックレビューには書かないでおきます。

(最近本館の更新が少なくて寂しいのですが・・・)



大人版スタンド・バイ・ミーとか、そういう感じかな?



キャラの性格づけが大げさでなく、名前と小さな特徴だけで、あとは彼らの些細なやりとりや特性、趣味趣向をだんだんに覚え、好きになっていくことができます。



キャラが作られすぎていないということは、自分の妄想も邪魔にならないということ。



主人公=ジュベさん

パヴェル=ランビさん

キャビン=ライサさん

シフラ=ウィアー王子



最後までこの脳内映像で読みました。

王子はかなり「当たり」だったと思う。



悪夢の余韻から逃れられないパヴェルが、夜中に主人公を連れ出すシーンは明らかに私の好きなカテゴリに入るのですが・・・萌えという言葉は似合わないです。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック