好きなものを描いたり語ったりするブログです
フランス大会男子 Pちゃん優勝
2011年11月21日 (月) | 編集 |
BSで男子フリーを見ました。

1 Pちゃん 240.60
2 ソウナン 224.10
3 ミハル  218.60


アモ、りっぽん、ミハルとタイプの違う華やかさが続いた後、アジア系の二人は見た目こそ大人しく見えるのですが、クワドを2回決めてきたのはすごかった。Pちゃんは質が、ソウナンは成功率が、それぞれ群を抜いていると思います。
どの選手も完璧とまではいかず、全体にミスの目立った大会でしたが、この二人のクワドがハイライトでした。

Pちゃんのアランフェスは滑りのスピードと伸びやかさが生きるプログラムですね。オペラ座のように役を演じるよりこういうほうが合っていると思います。解説の佐野さんがしきりに褒めていましたが、スケーティングの速さと細かさが素人目にもわかる選手ってなかなかいない。
冒頭のクワドはとても高くて綺麗でしたが、後半は着氷のミスが多かったのが残念でした。
キスクラではいつもにも増して目つきが大変なことになってました。
<◎><◎>どうした!

ソウナンは地上波で放送されず、まさかこのままスルーされるのかと心配でしたが、BSではSPのダイジェストとフリーを丸々放送してくれました。良かった。顔忘れるところだった。
クワド2回にアクセル2回は素晴らしいんだけど、ジャンプの調子はまだ上がりきっていないのかな。軸がナナメになっていたような。でも勢いがあってこれから演技力や滑りを磨いてきたら怖い選手になりそう。

ミハルは去年より上半身の表現が大きくなって、さらにキレが良くなったと思います。4Sは残念でしたね。来週ロシア大会があるから、そこでまた挑んでほしいけど、ファイナルも決まっているのであまり連戦で無理できないだろうし・・・。
後半少し疲れが見えましたが、情緒性も増して見応えのある選手になったなとしみじみ思いました。

織田くんは左膝の腱を痛めているそうで、今回のフリーを滑っている途中で右足にも痛みが走ったとのこと。決まったジャンプはとても綺麗だったのですが・・・演技後半から終了後のインタビューも、ちょっと痛々しすぎました。

もう一人心配なのが食中毒で棄権のチャッキー。6分間練習には出ていましたが、体調が悪く断念したとのこと。彼の4回転、というかプログラム全体の進化を期待していたのでとても残念。全加までにしっかり回復できることを願います。

女子も放送見たら感想書きたいと思います。リーザ優勝おめ♪
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック