好きなものを描いたり語ったりするブログです
国別対抗 高橋大輔選手SP首位!
2012年04月20日 (金) | 編集 |
<男子>
1 高橋   94.00
2 Pちゃん 89.81
3 アボ   86.98
4 ジュベ  84.69

<女子>
1 コス嬢  69.48
2 鈴木   67.51
3 カナ   63.78
4 ゴールド 59.07



国別対抗の男女ショートが終わりました。
高橋くんが世界最高得点で首位。
素晴らしい演技でした。
ステップやスピンが…と本人は言っていましたが、4回転を決めた上であそこまで完成度を上げてきたのは本当にすごいと思う。解説の佐野さんも言っていたけど、キャメルスピンが速くて綺麗になったよね。

点数は高橋くんだけでなく、全体的にお祭りムードで気前よすぎ…?という感じ。
一応公式記録になるので、高橋くんや鈴木さん、カナにも高い得点が出て嬉しいんだけど…。
大会の格としてはどうなんだろう。

4-3を決めて目立ったミスのないジュベより、アクセル転倒のPちゃんのほうが上になってしまうのは、今はそういう採点方法だから仕方ないんだけど、やっぱり見る側の印象としては引っかかる。
でもPちゃんのTake Fiveは滑りの綺麗さとシャープさを活かすプログラムだなあと改めて思いました。ジャンプを失敗しても滑りで勝負できるのは強いですね。

鈴木さんもカナも3T-3Tが決まって良かった。
今回注目したのは4位につけたアメリカのグレイシー・ゴールド選手。まだジュニアから上がってきたばかりなのに…上手い!!
世界ジュニアでは、ロシアのユリア選手に続いて2位だったそうです。
一番滑走でありながら、3F-3Tを軽々と決め、柔らかく丁寧な滑りやスピンが印象的でした。

チャッキーが放送されなかったのは残念。4S-4T見たかった〜。というか彼のSPのプログラム自体、ちゃんと放送されたことがないのでは…?
今日は男子フリー、どんな戦いになるでしょうか。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック