好きなものを描いたり語ったりするブログです
レミーではなくラミーである。
2012年05月09日 (水) | 編集 |
HTFがまだ続いていることを最近知りました。
いくつか見逃してしまいましたが、今度YouTubeで探してみよう。

とりあえず「Royal Flush」を見たので感想を。

主演は羊のラミーちゃんとピクルス氏、他はギグ&ペチュとフレイキー。
女子会にフレが遅れて到着し、他の3人が「え〜?」という顔をするところから始まるのですが・・・。

「こいつ女子?」
「違くね?」
「まあいいじゃん入れてやろうよ」

みたいなやりとりだったのか、

「うわ〜来ちゃったよ」
「フケとかマジ勘弁」
「せっかくのパーティが台無しだよ」

ぐらいは言ってるのか、このあたりは台詞がないHTFならでは、いろいろ想像させますね。

後者はないような気もしますが、このアニメはあらゆるタブーを明るみに出しては茶化すので、フレイキーの体質を差別する表現も「あり」なんじゃないかと思うんです。

さて、このメンバーで惨劇が起こるわけですが、怖いですよ。
ランピもフリピもヒーローもいない、この状況が実は一番怖いんです。

ピクルス氏は呪い人形に匹敵する仕掛け人で、パーティの料理や掃除機に手を出してはレギュラー陣を殺していきます。
ラミーが止めようとすればするほど状況は悪化します。
ポップさんやヒーローのケースに近いのですが、ピクルス氏の思惑がわからないので薄気味悪い。
これはやっぱりラミーちゃんの深層心理なのかしら??
ラミー自身がとても優しそうな子なのでなおさら勘ぐってしまいます。

最初に殺されたフレが一番無惨でした。
いや無惨なのはペチュか? でもフレのほうが・・・エグい。
生理的不快感を煽る表現があるんだよね、今回。
ピクルス氏を誤飲したフレがトイレに駆け込んで、足下に血がポタッと落ちるところとか、トイレが血で満たされてるところとか、なんか・・・苦手だ。
アイキャンディとか舌ネタとかランピの足切りとは違った意味で、精神的にきついシーンだと思う。

旧本館の全話レビューを復活させようか迷ってます。
また見たい!という方がいましたらご一報くださいませ。


lammy.jpg

他の人がどんなに傷ついても構わないわ
私さえ生き残ればそれでいいじゃない・・・

というラミーの本心を映した鏡がピクルス氏なのか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック