好きなものを描いたり語ったりするブログです
ケルディオどこ行った
2012年07月19日 (木) | 編集 |
ケルディオ引き替えにポケセンへ。


fusigi.jpg

不思議ちゃん、可愛かったのでDSに付けました。


あと、↓このお方のグッズを今まで1つも持っていなかった(のが自分でも意外だった)ので、ちょうど新しく出ていたメタルチャームを購入。

fuwa.jpg

尖った部分があるので気を付けるようにと書いてありました。
確かに尖ってるけど丸い部分のほうが圧倒的に多いぞ。


話題になっていた人間キャラグッズも見てきました。
カミツレさんにサブマスにN、主人公、チェレン…で、絵柄はかなり可愛い。無駄に可愛い。
この中だったらチェレン単体が良かったんですけど。単体ないのかよ単体。


* * *


これだけ最新作を謳歌しておいて何ですが、初代のプレイ動画を最近久しぶりに見て、ああああ好きだ〜となりました。
GBの粗い画面で、パワーバランスも悪くて、ボックス操作も面倒で、今のようにグッズやデータ配布で盛り上がることもなく。
でも好きだったなあ初代。

プレイしていた当時、四天王が異様に好きでした。
人間キャラプッシュうぜえとか言ってる今では考えられないくらい、四天王が好きでした。

どこがそんなに好きだったんだろうな〜と思いながら動画を見てたら、なるほど、この人たち言ってることがすごい。


カンナ「凍っちゃったらあんたのポケモン全然動けないんだから…あははッ!」

シバ「くそッ!次にいってくれ!」

キクコ「ポケモン図鑑作っているようじゃだめだ!ポケモンは戦わせるものさ」

ワタル「それとも今からシッポまいて帰るかい!」



人格として評価できるかどうかは置いといて^^;

私が一番ハッとしたのはキクコさんの台詞。
ボールに入れるのは人間のエゴだとか、戦わせたら可哀相とか言う人はこの時代にはいなかった。
ポケモンは捕まえて持ち歩いて戦わせるもの。それでしかなかったんです。

絆とか愛情とかいう言葉は、最後にオーキドが言うだけ。
そう、祝福する時にしか言わない言葉だった。

だんだん、常にそれを口にしていなければいけないような空気になってしまった。
アニメの影響なのかな。
対等な仲間で信頼し合ってて愛も痛みも分かち合えるんだーっ!とアピールしないとトレーナー失格、みたいな空気は誰が作ったんでしょうね。

精神論的なことって、本来テキスト化しなくていい部分だったんだよね。
そのほうが、イッシュ地方の「多用な考え方を認める」という土地柄もよっぽど綺麗に演出できたのに。

やばい、なんか初代やりたくなってきた…落ち着け自分。

だって努力値が全部の項目に一杯一杯まで振れるんだぜ…魅力的じゃまいか。
(結局そこ!?)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック