好きなものを描いたり語ったりするブログです
ポケモンの休日
2008年10月16日 (木) | 編集 |
向水遥先生のポケモン漫画が好きでした。

コイルがピカチュウをつねってる構図はお約束。あまりに強烈だったので、おそらく他の描き手さんのコイル像にも多大な影響を与えているでしょう。

ツンデレ、という言葉は当時ありませんでしたが、その枠にも収まらない、まさにねじれた電磁波を発し続けるコイル。一方的に振り回され、執拗につきまとわれて辟易しながらも、ささやかな幸せを見つけて暮らす、無邪気で大人なピカチュウ。

丁寧で可愛らしくて物悲しい、あの絵柄と作風が好きでした。



他にもたくさん、良い意味で壊れたキャラたちがいたような・・・。

夢だけじゃ食っていけないとつぶやきながら、ピッピの真似をして前髪をカールさせてみるスリープ。それを見て悪夢にうなされるピッピ。

多重人格のドードリオ。公園の遊具であるあるネタを連発するポケモンたち。

そして、4コマ漫画劇場1巻にのみ登場する、ピカチュウの飼い主・・・!

人間が出てくるのは、知っている限りこの回だけです。

1ページ目からいきなり、バニーガールに囲まれて酒を飲んでいる飼い主。ピカチュウをこき使い、罵倒する有様はまさにプロトタイプ闇サトシ。いや、そんな比じゃない。



飼い主「お前弱いからもういらない」



ええええええええwww





初代ポケモンの、ピカチュウの出現率がどんだけ低いか知ってるでしょ?

ポケモントレーナーでありながら、バニーガール>ピカチュウですか?

生活かかってるんじゃないんですか!????



良いです、この飼い主。2巻はイラストのみでしたが、長い前髪から目が片方だけ覗いてるのが何とも・・・v

私も初代主人公を描く時はあのキャラを参考にしてました。



あの独特な、暗さを秘めた作風には賛否両論あったようで、3巻以降にはコイルはほとんど登場せず、絵柄も話の展開もガラリと変わってしまいました。相変わらずピカチュウは苦労性ですが、ウザいキャラが増え、最初の頃のような毒が感じられなくなりました。表紙のイラストで、主人公とライバルが元気に戦っている構図を見た時は本当に萎えました。

ライチュウとピカチュウの関係を「微笑ましい」と表現してしまった時点で、あの世界は壊れたのだと思います。ピカチュウの心は柔らかいけれど、あんなふうに誰かを易々と受け入れてはいけなかった。

空回りキャラだったはずのライチュウがピカチュウを釣り上げてしまったことで、コイルの電磁波はピカチュウに届かなくなりました。

何とも悲しい結末でした。



追記で闇サトピカ。







元々・てゆーかバトン。

元・妄想薔薇乙女バトン。

今・最凶闇バトン!!!



ゆる様から温かいお言葉をいただいたので、ヤツらの封印を解きます(笑)

闇サトシ&最凶ピカチュウからの質問です。



闇「おい貴様、HNの由来を教えてもらおうじゃねえか」

ポケモン801で使ってたHNです。

ワタルさんと金銀ライバルさんが・・・でした。



ピカ「貴様の誕生日を問うてみたい」

1月でございます、ピカチュウさん。



ピカ「して、ブログ名に☆を付ける意味は? まさか、俺様のスピードスターを猿真似したのではなかろうな?」

めっそうもございません。



闇「恋人はいるのか」


あなたです(断言)

・・・あれ? 昨日も同じこと言ったような。



ピカ「いいだろう、遊んでやる。何が望みだ?」

ピカチュウさんの覇業をぜひアニメでも紹介してください。



闇「雑魚が。そんなもん貰ってどうする気だ」

一日中見てると思います。



闇「俺はお前に会うために、こんな恥ずかしい格好までして忍び込んできたんだ」

無理矢理言わせてすみません。



ピカ「バラしても構わんな?」

ブログを? 私を?



闇「てゆーかパン派? ごはん派?」

また!?

てゆーか作ってくれんの?



ピカ「テレビを見る時は部屋を明るくし、できるだけ離れて見ることだな」


ありがとうございます。



ゆる様本当にありがとうございました〜!

二度も好き勝手できて幸せです。



闇サトシ&最凶ピカチュウは口調が似てますが、私の中ではピカさんのほうが若干大人なイメージです。戦ったら互角ぐらいでしょうかね? 闇はスキがあるけど攻撃の規模は凄まじいと思うので。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック