好きなものを描いたり語ったりするブログです
アスリート魂が何か別の魂に火をつけた
2012年11月20日 (火) | 編集 |
フランス大会女子を見ました。
アシュリーの演技が素晴らしかった。
解説の人も言ってたけど、こういう流れのある、ひとつの作品として完成された演技をすることが大切なんだと思う。
必ずしも高難度ジャンプを跳ばなくても、プログラムを美しく見せることができる人は強いですね。

とはいえ、二度のセカンド3Tを成功させたリーザも立派だった。
フリーは彼女が一位でもいいと思ったけど…あくまで素人目でね。
前回は元気がなかったので、嬉しそうな顔が見られてひと安心です。
同じロシアのユリアも綺麗で好きですが、去年から見ているせいかリーザのほうに肩入れしてしまうのです。

女子は、高難度ジャンプをポンポン跳べる時期と、流れのあるプログラムを演じられる時期が、男子に比べてくっきり分かれてしまうのがもどかしいですね。
そういった意味で、バンクーバーのキムヨナはバランスがとれていたから強かったのかなあと思います。

解説の横谷さん、普段はテンション低くて苦手なのですが、今回の試合で誰かが2Aを失敗した時、「うおあっ!?」と素っ頓狂な声を上げたのがちょっとツボだった。何かが心の琴線に触れたのだろうか。。。いや転倒で琴線というのもおかしいですが。


今週末はいよいよNHK杯。
昨日のアスリート魂を見たのと、宋楠とのラブラブ動画のせいで、やたらと羽生くんに目が行ってしまいそうですが…。
高橋くんも真央ちゃんも、みんな頑張ってほしいです!
ミライちゃんも出ることになって嬉しい♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック