好きなものを描いたり語ったりするブログです
ヤングジャンプ版ローゼンメイデン TALE53 感想
2012年11月23日 (金) | 編集 |
ローゼンメイデンの再アニメ化が決定。
正直ガセかと思ってた。びっくり。嬉しいです。

とりあえず今月の感想を追記から(´▽`*


* * *

女王の操るクワガタに襲われ、薇の切れかけた真紅と金糸雀は苦戦する。金糸雀がクワガタにさらわれピンチ、とそこへジュンが駆けつける。ジュンは女王の注意を引きつけ金糸雀を奪還。さらにクワガタの内部にあった歯車を組み直し、自ら操って女王の薔薇の首を切り落とす。そんなジュンを、真紅は驚きの目で見つめていた……。


* * *


なんか、アニメポケモン無印の最初期のころ、むしとり少年との戦いで、カイロスに捕まったトランセルがボキッと折れる妄想があったと思うんですよ。あれを思い出した。
金糸雀、折れなくて良かったです(T▽T)

ジュンはロボットのクワガタに触れた途端、どうすればいいかがわかった模様。これはやっぱり、狂った世界もそこにいる人形や虫たちも、みんなジュンの心から派生したということなのかな?

女王や虫型ロボットを作ったのは皆人くんだけど、皆人くん自体が、ジュンの願望が一人歩きした人格なのかもしれないし……。
こうだったらいいな、という希望をてっとり早く叶えた姿が皆人くんで、でもてっとり早すぎて肝心な部分が抜け落ちている。それがあの世界や、皆人メイデンに現れているのかもしれません。

ジュンの果敢な行動に注目が集まっていますが、私はむしろ金糸雀のほうが……。
無鉄砲ともいえるかもしれないけど、何の迷いもなく真紅の後ろを庇い、ロボットを迎え撃とうとしたシーンは印象的でした。
元々勇ましい子ではあるんだけど、こんなに他人のために行動するタイプではなかったですよね。

ジュンの成長は、大変な道のりを通ってはいるのですが、人間だから当たり前といえば当たり前で、むしろ人形が成長していることのほうが驚きだと思う。
マスターとの関わりで人形も変わっていく、と言っていた真紅。
人間の変化が指輪を通してそのまま伝わる部分もあるだろうし、ジュンたちが変化していくのを見ていろいろ考え、その結果真紅たちも変わっていった、こちらの部分がより大きいのでしょうね。

もちろん人形同士の関係にもいろいろ変化がありました。
金糸雀は、水銀燈と真紅の両者と深く関わったことが影響していそうです。受け入れるかどうかは別として、金糸雀はどんな意見にもとりあえず耳を傾けることができるので、咄嗟の判断がしやすくなるのかも……フットワークの軽さは元々ですけどね。


で、で、で。
アニメ化。
ついにヤンジャン版がアニメになると思っていいのでしょうか。
それともバーズ版から新しく仕切り直し?

無印〜トロイメント〜オーベルテューレがそこそこ人気だったのを考えると、なかったことにはできないかなと思うのですが……。
でもトロイメントの最後からヤンジャン版の流れに持っていくのは難しいですよね。
そうするとヤンジャン版単独で始めるか、まったく新しいオリジナルストーリーにするか……どう来るのかわかりませんが楽しみです。

きらきーの声優が誰になるのか、最近の女性声優にはあまり詳しくないので予想がつきません。
まかなかったジュンは宮野っぽいなあと思うのですが……。
今までのキャラはできるだけ今までの声優さんでやってほしいです。

あとキャラデザ!
きらきーのあのふわふわ感をできるだけ再現してほしいなあ。
原作よりは描き込みが少なくなるかもしれないけど、服とか髪とか頑張ってもらえたら嬉しい。。。

どんな方向性になるのかわかりませんが、めっちゃ楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック