好きなものを描いたり語ったりするブログです
2012NHK杯 真央&羽生選手優勝
2012年11月26日 (月) | 編集 |
NHK杯が終わりました。
良かったのは真央ちゃんとマカロワと羽生くんのショート、鈴木さんと高橋くんのフリー、李子君の存在(オイ)
メリチャリのジゼルも素敵だったし、ロシアのイリカツもスピード感がすごい。
真央ちゃんと高橋くんのEXもそれぞれの良さがストレートに伝わってきて、やっぱり好きだなあと思いました。

納得できないことは・・・まあいろいろ。
いくらプロトコルで説明できるとはいえ、あんまり偏った採点を見ると後味が悪いです。真央ちゃんも羽生くんも嬉しくなかったんじゃないかと。
ナンデス君が一人でキスクラにいたり、これはちょっと、と思う部分が多かったです。

あと、番組のコンセプトが・・・。
宮城のリンクがまた使えるようになって良かったし、被災した人やその家族を少しでも元気づけられたらいいとは思うけど、試合は試合で切り離してほしかったです。そうじゃないと、復興支援の精神が採点に影響しているように見えてしまう。
グランプリシリーズは各国を巡業するお祭りのような面も確かにあるから、間違ってはないんだけど。
でも選手たちは純粋に、自分の試合のために来てるのに・・・と、なんだかスッキリしなかったです。

でも鈴木さんのフリーは、本当に本当に素晴らしかったです。
羽のような手の動きも、気持ちのこもったステップも、安定したジャンプも、全てが水に溶けるように、ひとつの作品として美しかったです。
久しぶりに、女子フィギュアで泣ける演技を見たなあと思います。

高橋くんのフリー「道化師」も、あまり好きな作風ではないのですが、やっぱり演じる力が強いせいか、気が付くと引き込まれていました。滑らかな動きを追っているうちに、あっという間に終わってしまう。

曲も振付師も違うから本当は関係ないんだけど、バンクーバーシーズンに演じた「道」のダークサイドを見たような気分です。
綱渡り芸人がジェルソミーナに「道ばたの石でも何かの役に立っている」と教え、希望の光をくれたのがあのプログラムだとしたら、今季のプロはその後の暗い展開を思い出させます。孤独なザンパノの届かない叫び。

何はともあれ、選手の皆さん、お疲れ様でした。
真央ちゃん、羽生くん、優勝おめでとうございます。


* * *


そしてファイナル出場のメンバーが決まりました。

男子
Pちゃん、羽生、小塚、町田、高橋、フェルナンデス

女子
アシュリー、真央、コルピ、鈴木、ユリア、リーザ


ポイント順に書きましたが、さすがにポイント数の高い選手が勝ちそうな予感。
Pちゃんとアシュリーはこのまま世界選手権も取る勢いだと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック