好きなものを描いたり語ったりするブログです
世界選手権女子SP〜FS
2013年03月19日 (火) | 編集 |
キムヨナ選手はやっぱり強い…。
オリンピックのプログラムよりも今回のほうが好きかも。初めて見たからっていうのもあるけど、ステップの動きが大きくて見応えがありました。

でも、いろいろとびっくりしたのは同じく復帰戦だったコス嬢。
普段フィギュア見ない人でも世界選手権は見たりするみたいなんだけど、そういう人が声をそろえて「鼻血!」と言っていたとか。
演技中、カメラがあまり寄らなかったけどやっぱり配慮してたのかな。本人も気になっただろうし、息苦しくてさぞ大変だっただろうと思います。
そしてショートの「ヤング・フランケンシュタイン」では、コス嬢らしからぬ演劇仕立てにびっくり。中盤の恐れおののく表情が怖すぎる(笑)

そしてあの〜、高橋くんの道化師みたいに、両手をワワワッてさせるのが流行ってるのですか??
テンちゃんもコス嬢もやってたし…。
個人的にはあんまり好きじゃなくって〜。振り付けとして落ち着かない感じがする。
ここぞという所で決めるならまだしも、バタバタと入ってると目が散漫になるんですよね…。

真央ちゃんの銅メダルは、FSできっちりリカバリーができた結果なので嬉しく思います。
ショートで3Loが抜けたのは2度目で、これが癖にならないか心配ではありますが…。
FSは完璧な出来ではなかったけれど、滑るたびに「演じる」ことが身に付いてきているようで、最初は何となく薄味に思えたこのプログラムが、今では好きになりました。
細かい部分とか、シーズン初めのほうが振り付けが綺麗で好きだったりはするのですが、演技面ではやっぱり今のほうがいいですね。

カナやグレイシー、ジジュンの演技も素晴らしかったです。
特にジジュンはいつ見ても可愛らしくて、少女のまま永久保存したくなる…(危険なファンだ)
外見もそうだけど、技術の完成度の点から見ても、女子の成長期って残酷だと思う。
中国女子は2枠になったので、五輪でもジジュンを見られる可能性が高いですね。
もう一人は…どうか氷の子が出られますように!(勝手なファンだ)
男子は1枠なので、宋楠かハンヤンかどちらかだけ…?うわあ悩ましい!!

おヨナさんに勝つのはいよいよ難しくなってきたかなという印象の大会でしたが、ソチに向けて前向きな日本選手が見られて嬉しいです。
演技後、お互いをねぎらい合う真央ちゃん、鈴木さん、カナの様子が清々しかったです。

ああ、でも…マカロワが出られなかったのが残念。
彼女のプログラム、今年はショートもフリーも大好きだったので。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック