好きなものを描いたり語ったりするブログです
国別対抗フィギュアを終えて
2013年04月14日 (日) | 編集 |
高橋くんと鈴木さん、個人優勝おめでとうございます!
崩れる選手が多い中、ショートもフリーもあそこまでまとめられたのは立派でしたね。
他にもっと良い時があっただけに、PCSはちょっと出し過ぎかなあとは思ったけど…。
こういう大会だから仕方ないのかもね。

男子ではチャッキー、女子ではグレイシー、それぞれのフリーの演技が印象に残っています。
チャッキーは3度の4回転、それも1つは4T-3T-2Loという高難度のコンビネーションに挑んでいて、さらに3F-3Loまで入れてしまう鬼構成。その上スピンもステップも綺麗で、名実ともにトップ選手になったなあと思います。国内選手権でも、これからはPちゃんに食らいついていきそう。
グレイシーは冒頭の3Lz-3T、2A-3Tを畳み掛けるように跳び、華やかな振り付けも一段と洗練されてきていました。若手の技術の高さを見せつけられた感じです。完成度はアシュリーが上かもしれないけど、今回はグレイシーに座布団1枚あげたい気分です。

真央ちゃんの辛そうな表情も目に焼き付いています。
頑張ってくれて嬉しいけど、ワールドが終わってもこうして見られて楽しいけど、今回相当きつかったんじゃないかと思います。
腰痛もあっただろうし、あのジャンプ構成で滑り切るのは体力的に無理があったはず。
それでも3Aに挑み、3F-3Loに挑み、息が上がっても黒鳥のステップを演じ切った真央ちゃん…。
嬉しいけど、やっぱり…この時期の大会ってどうなんだろう、とそこに行き着いてしまう。
あんまり試合数が多いのも、選手生命を削るようで。

そんな中、真央ちゃんがソチで引退の可能性を示唆し、話題になっています。
高橋くんも鈴木さんもソチまでだし、もし真央ちゃんも引退してしまったら寂しくなりますね。
美姫ちゃんも、戻ってくるとしてもソチまでだろうし…。
トリノの頃から本格的に見始めた自分にとっては、中核にあたる部分が消えてしまうような寂しさがあります。

でも、このごろの真央ちゃんを見ていると、うっすら限界を感じることがありました。
本人が限界を感じているのかな、と思う瞬間があったというか…。
真央ちゃんの演技は大好きで、前も今も変わらずファンだけど、ジャンプが小さくなってしまっていることや、役に入り込むタイプでないことが、年々不利さを増してきている気がします。
それよりは、最後の目標をきっちり定めることで、気持ちが強く持てて良い方向に行くかもしれないな、と…。
EXでの見せ方はどんどん良くなっているし、実績も十分にあるので、プロになっても活躍していけますよね。
やっぱり寂しいけど…ていうか引退するってまだ決まってないけど。

来シーズン、いいプログラムに巡り会えて、最高の演技ができることを祈ります!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック