好きなものを描いたり語ったりするブログです
大人のノクターン
2013年06月04日 (火) | 編集 |
少し前に、真央ちゃんの新プログラムが発表されました。
ソチ五輪で滑る予定の曲ですね。
そして、現役最後…になるかもしれない曲。
自分自身の好みや滑りやすさ、審査員へのアピール力、開催地との相性など、考え合わせた上で選んだのでしょう。

<SP>
ショパン「ノクターン」
2006-7シーズンに使用して、もうすっかり真央ちゃんのイメージと一体化した曲ですね。
あのシーズンのスケートアメリカで披露した演技が、真央ちゃんの中でも一番好きという人は多いと思います。
私もそうかも。氷にマイクさえ入っていなければっ!!
今回もローリーの振り付けになると思いますが、昔と変わらない可憐さと、今しかできない技巧や優雅な演出が、どんなふうにミックスされるのか楽しみです。

<FS>
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」
壮大な雰囲気ですねえ。過去に多くの選手が使っています。
(個人的には、りっぽんの2010年ジャパンオープンの演技が好きですv)
振り付けはタラソワになるのかな?
真央ちゃんの持つ力強さが良い方向に引き出されるといいのですが…難しそうで不安にもなってしまう。
五輪にラフマは…ちょっと…なんて、ジンクスを気にしてしまったり。

EXはチャップリン映画の「smile」だそうです。男性ボーカルで滑る真央ちゃんは新鮮かも。歌詞の意味と重ね合わせて実際の演技を見たら泣けそうですね。

ソチに向けたシーズンは、初戦から3A、3F-3Loを組み込んでくるそうで、大変な戦いになると思います。
どんな滑り出しになるか、どんな結果になるかはわかりませんが、最後まで全力で応援したいです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック