好きなものを描いたり語ったりするブログです
ピカチュウさんがサンムーンを斬る!
2017年04月14日 (金) | 編集 |
忙しくなってきましたがネットとゲームは楽しんでおります><
創作もほんのちょっとずつ、合間に進められたらいいな。。。


* * *


さて今回は、単独ではお久しぶり!
ピカチュウさんへのインタビューです。

Q. 今回は最凶ピカチュウさんとしてではなく、コスプレ電気メンバーのピカチュウさんということでよろしいですか?
ピカ「俺様は俺様だ、変わらぬ」

Q. コスプレをするのが覇業なんですか?
ピカ「悪の組織のコスチュームを着たぬいぐるみが流行っているだろう。ああやって人間は侵食されていくのだ。実に愚かだ」

Q. 可愛いものが流行るのは当たり前では?
ピカ「それが愚かだと言っているのだ。まあ、我々にとっては好都合だが」

Q. コスプレでアローラを制圧するのが目的だとか。
ピカ「ああ、ゆくゆくは全ての島を俺様の支配下に置く。すでにメレメレ島の南部とコニコシティの一部は勝ち取った」

Q. それって普通にピカチュウの生息地では……。でも、制圧してどうするんですか。
ピカ「俺様にとって暮らしやすい環境にする。それだけだ」

Q. エレキフィールドにするんですか?
ピカ「戦闘中だけでは不十分だ。全ての者が俺様を畏れ、崇め、ひれ伏さなければ」

Q. それにしては可愛い格好ですね。
ピカ「これが可愛いとは、狂った美意識だ。俺様が着るからかろうじて可愛く見えるのだぞ」

Q. グズマさんは人気ですよ。
ピカ「あのように定職に就かず、年寄りに席を譲ったり、落としたフラダリの首を拾ってやったりする男が人気とは、世の中も変わったものだ」

Q. それはコラ画像の話ですね。スカル団そのものについてはどうお考えですか?
ピカ「中途半端な組織だな。あれで世界征服は無理だ」

Q. エーテル財団については?
ピカ「特に言うことはない」

Q. アロライさんに気を使ったのですか?
ピカ「下僕に気を使ってどうする」

Q. では恒例の質問ですが、アロライさんが悪タイプのトレーナーを虐待していた件については?
ピカ「悪タイプのトレーナー……」

Q. もしかして思い浮かびませんか?
ピカ「……思い出していたところだ。アローラには二人いるのにシンオウとカロスには一人もいないようだな」

Q. 相変わらずグローバルな視点ですね。そういえば電気タイプのトレーナーは各地方にいますね。
ピカ「ジョウトとカントーをセットで考えれば全作品にいることになるな。俺様の覇業の成果と言っていいだろう」

Q. 他のメンバーは、ピカチュウさんの覇業に協力的なんですか?
ピカ「残念ながら、そこまで頭の良い奴らではない」

Q. 闇サトシさんのほうが下僕として便利だったのでは?
ピカ「似たようなものだ。あいつにはスカル団したっぱのコスプレをさせるつもりだが」

Q. それは楽しみですね。二人でZ技を披露したりはするんですか?
ピカ「正直でんきだまのほうが強い。宣伝効果を考えると1000万ボルトは覚えておいたほうがいいとは思うが」

Q. 初代からずっとポケモン界に君臨してきたピカチュウさんから見ると、今の環境はどうですか?
ピカ「ポケモンライドは人間のコスチュームが良くない。むしろ逆にすべきではないか? ポケモンが人間に乗るシステムにすれば、無駄に着替える必要もないだろう」

Q. それは斬新な……。フェスサークルについては?
ピカ「あの手のシステムはいいと思った試しがない。あんな城を建てるぐらいならポケモンタワーを建てて、BGMもシオンタウンにするべきだ」

Q. 懐古厨乙です。ポケリゾートについてはどう思いますか?
ピカ「ボックスの肥やしが労働力になるのなら良いと思うぞ。無能な人間も参加すればいい」

Q. 対戦環境については?
ピカ「知らん」

Q. 少しは知っておいてくださいよ……シングルレートではミミッキュとメガギャラドスが高評価らしいですが。
ピカ「またガブが1位じゃないだけマシだ」

Q. あ、それなりに知ってるんですね。
ピカ「アロライとエモンガがうるさいからな。勝てないくせに往生際の悪い奴らだ」

Q. でも彼らの知識は覇業に役立つのでは?
ピカ「そうだといいのだが……頭のおかしい下僕を雇ってしまったのではないかと後悔している」

Q. いつも皆さんとどんなことを話されるんですか?
ピカ「不自然な形状をしたポケモンについて、どこを切り落とせばいいのか話し合っている」

Q. ネクロズマの頭部とかですか?
ピカ「俺様はアロライの尻尾の長さを削るべきだと思っているが、本人が認めないので話が進まない」

Q. あれはエレキフィールドを利用するのに必要らしいですよ。コケコさんとのタッグが協力なようで。
ピカ「カプ神どもか。ずいぶん注目されているが、若干種族値がインフレしているだけで、似たような構図は昔からあったぞ。例えばコケコとテテフは、数世代前のサンダースとエーフィみたいなものじゃないか?」

Q. それは言えてますね。結局アローラも既に居心地の良い場所なのでは?
ピカ「いや、まだこれからだ。ポニ島が狭すぎるのと、チャンピオンロードが短くて寒いのをどうにかしようと思っている」

Q. 意外と良心的なピカチュウさんでした。最後に一言お願いします。
ピカ「群れることしか出来んチリカスどもめ、よく聞け! 俺様の周りで思う存分群れるがいい」


したっぱ団員の闇サトシもいつか描けたらと思います。
お久しぶりのピカチュウさんでした。


ピカチュウさんインタビュー

パチリスさんにインタビュー
2017年04月09日 (日) | 編集 |
転職して1週間、まだ慣れませんがとりあえず1週間経ちました。ほんとただ、経っただけです(笑)
これから本格的な業務が始まるのでどうなるかわかりませんが、引き続きネットでの活動も楽しめたらいいなと思います。
創作はずっと休んじゃってて本当に申し訳ありません;;


* * *


今回も、コスプレ電気メンバーに突撃インタビューです!
パチリスさんに来ていただきました〜!

Q. 自己紹介をお願いします。
パチ「シンオウ出身のパチリスです。発電所のほうから来ました」

Q. なんか詐欺っぽいですが……今はどこに住んでるんですか?
パチ「アローラをぶらぶらしてるよ。浜辺で真珠集めたり、リゾートで道具拾ってきたり」

Q. ものひろいだそうですね。
パチ「シンオウの野生だからね。逃げ足よりはマシでしょ」

Q. そんなパチリスさんが、なぜアローラへ?
パチ「原発のそばは危険だと思ったので」

Q. 重すぎる理由ですね。DPリメイクが出たら帰るんですか?
パチ「うーん。正直どうしようかと思ってる。ピカチュウさんに聞いてみないと」

Q. やっぱりピカチュウさんが実権を握ってるんですね。
パチ「まあ、いつでも帰れると思うけど。パチリスは数合わせのようなものだからね」

Q. アセロラさんのコスプレ可愛いじゃないですか。
パチ「うん、でも、この集団のターゲットは女性だから。ピカズマ・ピチュナシ・エモギマが三大勢力だと思う。パチリスは気楽なものよ」

Q. 男性向けに展開する予定はないんですか?
パチ「リーリエやスイレンのコスプレ? やらないんじゃないかな」

Q. エモンガさんはノリノリでやりそうですが。
パチ「エモギマは頭おかしいから」

Q. 女性向けなら、グラジオやカキのコスプレも受けるんじゃないですか?
パチ「普通はそうだよね。この集団、ちょっと偏ってるんだよ」

Q. 虫と悪とゴーストでザオボーさんを踏みにじるコンセプトですか?
パチ「それはアロライが勝手に言ってるだけだよ。あれも頭おかしいから」

Q. アロライさんが悪タイプのトレーナーを虐待していた話については?
パチ「あ、恒例のやつ来た(笑)パチリスは別にいいと思うよ。トレーナーに使われるばっかりじゃ損だもん」

Q. アロライさんのアブノーマルな趣味を許すんですか?
パチ「殺さない程度にやるならいいんじゃない? 面白いし」

Q. パチリスさんは冷めてるようで、どこかアセロラさんに似ていますね。
パチ「うん。シンパシー感じるからこのコスプレは好きだな。可愛い衣装やアクセサリーは何でも好きだけど」

Q. ピチューさんとはよく一緒に遊ぶそうですね。
パチ「ピチュナシは親切だよ。ご飯おごってくれるし、温泉連れてってくれるし」

Q. 完全におじさんですね……どうして親しくなったんですか?
パチ「消去法」

Q. エモンガさんのほうが世代が近そうですが。
パチ「エモギマはいつも忙しそうにしてるから。ヒウンからアローラまでアイス配達したりしてるよ」

Q. すごい体力ですね。みんなそうなんですか?
パチ「エモギマは体力オバケだよ。あのコスプレに騙されちゃだめ! まあ、パチリスもやろうと思えばシンオウから船で渡ってこられるけど」

Q. それをバトルに活かそうとは?
パチ「思わないですね。ものひろいだし」

Q. ダブルバトルならいけるんじゃないですか。相方が怯みアイテムを投げつけて、それをパチリスさんが拾ってきてまた投げつける。
パチ「それやってみたいんだけど、素早さが微妙に足りない」

Q. 厳しい世界ですね。
パチ「まったくだよ。だからコスプレを楽しんでればいいんだ」

Q. じゃあやっぱり、みんなでシンオウに行けばいいんじゃないですか。コンテストもあるし、アクセサリーもたくさん拾えますよね。
パチ「うん。パチリスもそれがいいような気がしてきた。リメイクで改悪されないことを願うよ」

Q. コンテストに顔芸加点が入るとか?
パチ「顔芸じゃエモギマの一人勝ちだね。ホント頭おかしいから」

Q. ありがとうございます。最後に一言お願いします。
パチ「古代のプリンセス、パチロラちゃんをどうぞよろしく!」


本当に改悪されないといいね……ストーリージャック的な意味で。

パチロラ


ピチューに突撃!
2017年03月31日 (金) | 編集 |
このたび転職することになりまして、仕事の大半を家に持ち帰ってやらなければならなくなったため、しばらくは趣味の時間がとれなさそうです(T▽T)
また落ち着いたらいろいろ記事を書いたり、創作活動もできたらいいなと思います。


* * *


さて今回は、コスプレ電気メンバーのピチューさんに突撃インタビューです!

Q.まずは自己紹介をお願いします。
ピチュ「おじさん ピチューなのよ」

Q.どこに住んでるんですか?
ピチュ「アローラの草むら」

Q.お家はないんですか?
ピチュ「野生ポケモンに家はいらねえんだ」

Q.でも服は着てるんですね。ピカチュウさんに頼まれたからですか?
ピチュ「ピカチュウのあんちゃんは、これを着てればアローラ征服ができると思ってるらしい。しかしそんなに簡単じゃねえ。アローラはUBとカプでがっちり固められてるからよ」

Q.やはり準伝の影響力は強いんですか?
ピチュ「いや。強いのは戦闘力だ。宣伝戦略的な力は、ピカチュウのあんちゃんの言う通り、俺らのほうが強い」

Q.その強さを戦闘に活かせたらと思ったことは?
ピチュ「……おじさん、ピチューだからよ……」

Q.あなたがコスプレしているクチナシさんは、かなりの凄腕トレーナーのようですが。
ピチュ「ああ、そうなのか。トレーナーの強さってのはいまいちわからない。要するに厳選と育成と実戦のバランスなんだろうが、警察官がどこからそんな時間をひねり出すんだかな」

Q.人気もすごいみたいですよ。
ピチュ「エモンガに聞いたが、悪タイプは女に人気なんだろう」

Q.エモンガさんの考えに賛同するんですか?
ピチュ「いや。あいつは極端すぎる。衣装も持ちすぎだろう、さすがに」

Q.ピチューさんはずいぶん落ち着いた物腰ですが、ピカチュウさんとはどちらが格上なんですか?
ピチュ「名目上、あんちゃんを立てるようにしてる。進化前も進化後も序列はつかねえと思うけどよ」

Q.アロライさんとは?
ピチュ「たまに飲み交わす。肩書きの話ばっかで退屈だが」

Q.アロライさんが悪タイプのトレーナーを虐待していた話についてはご存知ですか?
ピチュ「風の噂で聞いた。俺には関係ねえことよ」

Q.目の前でやっていたら止めますか?
ピチュ「まあ、アロライも変わった奴だからな。相手の了承がないなら止める」

Q.アロライさんに勝てますか?
ピチュ「向こうのレベルがいくつかにもよるが、無理だろう。俺が避雷針でも、あいつは電気技以外にも豊富にいろいろ持ってるからな」

Q.避雷針なんですか?
ピチュ「いや、静電気だ」

Q.パチリスさんの蓄電がうらやましいと思ったことは?
ピチュ「どっちもどっちだ、種族値が低すぎる。それにパチロラは物拾いだしな」

Q.パチロラ?
ピチュ「俺はピチュナシ、あいつはパチロラ。そう呼べって言うからよ」

Q.パチリスさんと親しいんですか?
ピチュ「あいつは誰にでもそんな態度だ。他の奴はピカズマ、ライザオ、エモギマ」

Q.ピカチュウさんを気安く呼んで怒られないんですか?
ピチュ「怒っても聞かねえんだ、パチロラは」

Q.やっぱり若干仲が良いようですね。シンオウから来たパチリスさんにいろいろ教えてあげたりするんですか?
ピチュ「Zポーズを教えてやった」

Q.スパーキングギガボルトですか?
ピチュ「むげんあんやへのいざないがいいって言われて、そっちを教えてやったよ」

Q.でもピチューさんの得意技はアクZですよね?
ピチュ「衣装に合わせてやってるだけだ。どれが得意ってこともねえ。正直どれも手足の長さが足りねえんだが」

Q.気になってたんですが、普通にピチューとしても振る舞えるんですか?
ピチュ「ん? こういうことか? ピチュ〜♡ ピッチュピチュ〜〜〜♡♡♡」

Q.ギャップありすぎじゃないですか。
ピチュ「エモンガの演技はやりすぎだと思うが、全員そこそこできるんだよ」

Q.もしかして歌えますか?
ピチュ「ごきげんななめのピ・チュー♪ みんなはらはら〜♪」

Q.ピチューさん、アイドルいけますよ!
ピチュ「いい歳こいたおじさんがアイドルねえ……まあ、やってやらんこともないが」

Q.いくつなんですか?
ピチュ「レベル50」

Q.いつまでも元気でいてください。
ピチュ「大丈夫ってことよ」


* * *


ピカチュウさん含め、普通にファンシーポケモンとして振る舞えと言われたらみんな完璧にできてほしいです(笑)


みんな大好きピチュナシさん

ピチュークチナシアップ


アロライ単独インタビュー
2017年03月16日 (木) | 編集 |
コスプレ電気ポケモンたちに温かいお言葉をいただいているので、今日はアローラライチュウさんに密着取材をします!!
他のメンバーはこの場にいないので、思う存分答えてもらっちゃいましょう!


* * *


Q. こんにちはアロライさん。コスプレの調子はいかがですか。
ライ「上々ですよ。バイザーは毎日磨いてます」

Q. あなたたち電気ネズミ系ポケモンは、エレキュートとも呼ばれていますが、可愛さの秘訣は何ですか?
ライ「私の場合、尻尾に乗って宙を漂ったり座って休んだり、モーションが多いことだと思います。それからシルエットの丸さ、滑らかさですね。全てはアローラマークという肩書きに帰結するわけですが」

Q. ずいぶんとザオボー氏を意識した発言が多いですが、彼の魅力はどんなところですか?
ライ「可愛いところです!」

Q. ザオボー氏が可愛い、ですか……。
ライ「可愛いじゃないですか! ツンデレですよ? サンムーンのツンデレ枠はグラジオではなくザオボーさんです! 自分で自分を大絶賛しながらほんの少し相手のことも褒める、このバランスが素晴らしく可愛いんです!」

Q. では、ザオボー氏と同じくバイザーが目印のフライゴン氏、ラランテス氏についてはどう思いますか?
ライ「えっ……何と言っていいか……まあ、愛されていなければここまで話題に上ることもなかったでしょう。バイザーがあってこその人気だと思いますよ」

Q. 話は変わりますが、コスプレ仲間の中で一番強いのは誰ですか?
ライ「実戦だと私です。コケコさんとのタッグだと素早さが倍になるのでかなり戦えますよ。対戦考察にやたらと詳しいのはエモンガですね。ピカチュウさんは宣伝戦略には長けていらっしゃいますが、対戦についてはあまり詳しくないようです」

Q. パチリスさんが世界大会で優勝したという話については?
ライ「あれは育て方が違うでしょう。特性も蓄電だと思います。シンオウ産の野生とはわけが違います」

Q. シンオウといえば、ピチューさん1匹でリーグを突破した人もいましたね。
ライ「それも相当愛が強いですね。ギザみみピチューだったと思いますが、正確にはピクシーのサポートがあったので1匹突破ではないです。とりあえずはおめでとうですよ」

Q. アロライさんも対戦には詳しそうですが、エモンガさんとは親しいんですか?
ライ「いえいえ! 悪タイプは苦手なんですよ」

Q. エモンガさんは悪タイプではないですが……。
ライ「!!!! そうでしたね……」

Q. 他の3人よりも話が合うのでは?
ライ「そうですね。ピカチュウさんやピチューさんはちょっと近寄りがたいし、パチリスとはあまり接点がないので、消去法でエモンガと話すことが多いですね。あまりにも節操がないのでやはり苦手ですが」

Q. 悪タイプが苦手とおっしゃいますが、虫と霊については?
ライ「苦手に決まってるじゃないですか! ただ、その2つは初代から設定されていた弱点なので、地面タイプと同じく自然災害のようなものだと思っています。むしろ初代で霊が無効になるバグがあったり、虫技がロクな性能じゃなかったりして申し訳なかったなと」

Q. 悪タイプのトレーナーを虐待していたとの噂もありますが。
ライ「!!!! 私がですか!? そんな馬鹿な。トレーナーには何も罪はないでしょう。少なくともカリンさんとカゲツさんには会ったこともないですし、どこからそんな噂が……」

Q. それ以外のトレーナーには接触したということですね?
ライ「それは……アローラにいる以上、関わることもあるでしょう」

Q. 技をかけたのですか?
ライ「そんなことは……! そ、そうですね……ほっぺすりすりぐらいはしたかもしれません。いや、その、二人試したうち一人はまったく効果がなかったので、それほど問題ではないかと……。はっ!! これ以上はいけません、機密事項です!」

Q. ズバリ聞きますが、ピチューさんやエモンガさんが苦手なのはそのせいですか?
ライ「な、何が言いたいのやら! ピチューさんは自分が誰のコスプレをしているのかもわかっていないでしょう。エモンガは人気のためにトレーナーを利用しているだけです。彼らには尊敬の念というものが微塵もないんですよ」

Q. フェアリー追加以降の悪タイプはエスパータイプ以上に苦しい立場ではないですか?
ライ「まあ確かに、ドラゴン狩りの巻き添えを食らったわけですからね。強力な虫技が増えてつらいのは私たちも同じことですが」

Q. それでもエスパータイプであることを誇りに思いますか?
ライ「もちろんです! 電気・エスパーは私固有のタイプですからね。大切な肩書きです」

Q. パンケーキとコスプレ、選ぶなら?
ライ「うう……では、コスプレで」

Q. 気合いのタスキとアロライZでは?
ライ「さっきのと同列に語っていいんですかこれ。私はタスキが好きですよ」

Q. ここだけの話、ピカチュウさんの「虫取り少年・三十代無職」発言についてどう思いますか?
ライ「あれは冗談でしょう! えっ……冗談じゃない? まあ、ピカチュウさんは……ピカチュウさんですから」

Q. ありがとうございました! 今回のやりとりは全国ネットで放送させていただきます。
ライ「ぎゃひーん……。あの、虐待のくだりは省いたほうが良いのではないでしょうか」


* * *


コスプレポケたちを応援してくださっている方、ありがとうございます♡
アロライはなんだか親近感がわいてお気に入りのキャラです。

アロライザオボーにやり


ミツル先生、お願いします
2017年03月13日 (月) | 編集 |
ここのところ育成をやっていたのですが、私、赤い糸の効果を勘違いしていたことに今さら気づきました。
あれって、持たせた親の個体値だけを受け継ぐわけじゃないのね!
片方に持たせても、両方の親からランダムで5カ所遺伝してしまう。つまり、両方ともそれなりの個体値じゃないと効率が悪いんですね。

いや、それにしても、不自然にへっこんでる箇所ができてしまう時があるのはなぜ?
なぜそんなにメリハリをつけようとするんだ??

あとね、ドーブルを使って遺伝技を覚えさせるの、前作まではダブルバトルで楽にできたでしょ。
今作はそれがないから、野生のドーブルを使って一芝居うたなきゃならないのよね。
いろいろ面倒な手順を踏むんだけど、要するに相手のドーブルに技を覚えさせて、それをこっちのドーブルがスケッチすればOKということ。
でもさ、その覚えさせたい技が「すてゼリフ」だった場合……引っ込んじゃうじゃん! スケッチできないじゃん!
どうやらこの場合はメタモンを使ってドーブルに変身させて行うのがベストらしいですが、うう……難しい。

幸い、いつからだったか♀からも技が遺伝できるようになったので、ドーブル一匹から一気に遺伝させる必要はなくなったんですけどね。他の技をあらかじめ遺伝させておいた♀を、ゴロンダとでもかけ合わせて「すてゼリフ」を受け継がせれば解決します。うーむ、それにしても思い通りの性別が生まれなかったり、個体値がうまく遺伝しなかったりで、厳選は険しいです。ミツル先生のスパルタ指導のもと、孵化マラソンを続ける日々でした。


息抜きもミツル先生と。ツリー低層です。
先生のエルレイド強いよ。。。道連れ使うタイミングが絶妙だよ。

ミツルと


主人公の考えるポーズがまた撮れたので。
思慮深そうに見えるけどうちの主人公はアホですよ。

主人公ポーズ