好きなものを描いたり語ったりするブログです
空気を読むルカリオ
2017年07月14日 (金) | 編集 |
さて、シロナさんとのバトルツリーのお話。

とある20戦目でこんな状況になりました。


20戦目1


あろうことか、私もルカもズルズキンをタゲッてしまっていました。
だーかーら、ズルズキンは耐久型で守ってくるって、昨日も自分で言ってたのに!(怒)

次のターンでテテフがムンフォでズルズキンを倒し、ルカは空気を読んだのか岩雪崩を使ってくれました。
が、外れ。。。

あっやばい。メガカイロスを残したまま、ルカが倒れてしまった(≧▽≦;


20戦目2


うへへへ……という感じの二人。
ちょっとイヤな状況……かと思いきや


20戦目3


シロナさんの迷いのない右手。
逆鱗一発でカイロスは落ち、隣のメガアブソルもムンフォ一発で落ちました。


最後に残ったのがこれ。


20戦目4


相手方、投げやりに見えるのは気のせいでしょうか(笑)


20戦目5


私、この組み合わせのグズマくんとも登って、45階まで行ったのですが、ドクロッグの弱点の多さはネックだったかなあ。ほとんど毎試合、危険予知で身震いしていらっしゃった(⌒-⌒;

そして危険予知関係なく、ガブさんの逆鱗一発で落ちました。。。

ありがとうございます。
テテフの相方&ただ乗りの恐怖
2017年07月13日 (木) | 編集 |
ツイッターには週末ぐらいから戻ろうかと思っています。
といっても、ここを見てくださっている人はおそらくツイッターにはいらっしゃらず、ツイッターでご一緒している人はここを見ていないと思うので、あまり関係なかったですね(⌒-⌒;


さて、今日はポケモン!


皆さん、テテフでツリーに登っていて、一番困る相手は何だと思いますか?
鋼? 毒? 霊?
技構成や努力値、持ち物によっても違いますよね。

私の場合は、サイコフィールドにただ乗りしてくるエスパー!
これに尽きます。

ザオボーさん? そんなの可愛いです。
困るのはツリーのマルチに出てくるフーディンやゴチルゼル。
彼ら、テテフのシャドボでは落ちないんです(T^T)
そして返しでやられてしまう。テテフではなく隣の人が、フィールドサイキネでばっさりと。

隣の人……すなわち、シロナさんのメガルカリオ。
彼のおかげで鋼は怖くないんですよ。



DEXSqcXUQAAnxNq.jpg

たとえば↑この状況なら、テテフはエンテイにサイキネを撃ち、ジバコはルカリオに任せます。
頑丈だった場合? ああ、困るねえ(´・ω・`)



隣にルカリオがいないと不安が倍増します。
例えば……withデクシオ。

DC6ZNayUwAA4zwl.jpg

↑この状況で開幕し、ムンフォで両者のポケモンを倒しました。
そして最後に残ったのが


DC6ZQC9UAAEBwUz.jpg

これね。嫌だよね、なんか(笑)
テテフのHPが1だけ残ってるのは偶然です。タスキじゃないよ。
どうやったのか忘れたけど、この試合は勝ちました。

<追記>
バトルビデオ撮ってあったwww
えーと、まず左のチルタリスがメガシンカします。
そして隣のヤドランもメガシンカします。
サメハダーはタスキでテテフのムンフォを耐えますが、ハイドロポンプを外します。
ヤドランはどちらにも効果の薄い波乗りをなぜか強行し、テテフを巻き込みます。
(この時点でサメハダーのみ死亡)

ドンカラスが出てきますが、テテフのムンフォはチルタリスのほうに当てて倒します。
ドンカラスはシャドボでテテフのHPを1まで削ります。
そしてヤドランが見事ふぶきを当ててドンカラスを倒します。
……って、ふぶきできるんならさっきもやらんかーい!!
(この時点で相手3体死亡、こちらは全員生存)

最後にミツル先生がジバコを出してきて、ラスカノでテテフを倒します。
ヤドランは波乗りをしますが、それほど効きません。
そこでなんと、私の控えがメガヘルガーでした!!(° ▽。)
ごめん、カグヤだと思ってたよ。。。
普通に焼いて倒してました。終了。




さてさて話を戻しまして!

隣にルカリオがいても困るのが、フィールドに乗ってくるエスパー陣なのです!
シロナさんと登っていて負ける理由はほとんどこれかも?
フーディンのサイキネでメガルカリオ&スカガブを両方落とされてしまうパターンが非常に多いです。



じゃあ、鋼とエスパーの両方に強い奴と組めばいいんじゃないの?

DCCLsKXU0AAbbbK.jpg

はい、やってみましたよ〜

ギーマさんのズルズキンですが、残念ながら耐久型です。
グズマくんも同じ個体を使ってきます。
耐久型はきついです。勝ってくれることもありますが、とにかくテンポが悪くて大変です。

タッグ相手はフルアタがおすすめとよく言われます。そうそう、ホントそれ。
ズルズキンもヘルガーも好きだから使いたいのですが、補助技が入っているので躊躇してしまうんですよ〜〜〜。

彼らがフルアタだったら、鋼を叩き割るなり焼くなりしてくれて、ただ乗りエスパーに対しても非常に強く出られるので、頼りになったと思うのですが。

メガヘルガーを日本晴れ抜きで使うのは無理?
ズルズキンをアタッカーにするのは無理?

そんなことないない〜!
確かに悪の波導やかみくだく一発では落ちない敵が多いですが、重要なのはただ乗りサイキネが効かないという点なので。
ポケダンみたいに「補助技を使わない」設定切り替えができればなあ〜(T^T)



こちらはダブル。
エーフィも良いけど、50戦目を突破した時はテテフ&ヘルガーでした。

C_tE0D5UQAA7CmV.jpg

うちのヘルガーは基本的に特性は殺しています。
相手が日本晴れしてきたら、ただ乗りするの!!


本の感想その2
2017年07月11日 (火) | 編集 |
ツイッターはお休みしてますが、こちらには居るので、コメントや拍手でぜひ気軽に話しかけてください♪
ピグとかモグにも久しぶりに顔を出しております。
なろうにも普通に居ます(笑)


さて、今日も本の紹介です。

自治体でおすすめされている本をまたいくつか、今度は低学年向けのものを中心に読みました。
いや、これ、本当にハズレがない。
すごくいいな、と思うのは一部の本ですが、読むのが苦痛とか理解できないとか、不愉快な本には今のところ1冊も当たっていないです。

『アンディとらいおん』ドーハーティ
最後まで読んで笑ってしまいました。
あくまでも、大好きなライオンの本を図書館で借りて返すまでのお話なのね。
その間に起きている大事件と、主人公の勇敢な行為がまるで通過点のよう。
好きな動物は、と聞かれて「ライオン!」と答える子供って、なんだか憧れます。

『アフリカの音』沢田としき
どこからか、たいこの音が聞こえてくる……。
いいですね、この空気感。生きる喜びを感じます。
ヤギがたいこの皮になって、音になって生きているという言葉が心に響きました。

『ぼくはまほうつかい』マヤ・アンジェロワ
これもアフリカの話。
主人公が魔法を使えるのはどうしてか、最後まで読むとわかります。
アフリカの人だからではないし、機織りの勉強をしているからでもない。
これを読むと、地球上にある全ての本は魔法の書なんだと思えます。


おすすめされている本以外も、いくつか読みました。
あまり有名でないものもあるので、ぜひ読んでみてください!

『でも、わたし生きていくわ』コレット・ニース=マズール
突然の事故で両親を失った3人きょうだいのお話。
ドタバタといろいろなことを決めなければいけない様子、少し無理をしながら、それでも楽しみを見つけて新しい日常を受け入れていく様子がありのままに書かれています。
悲しみは消えないけど、今は幸せ。この言葉が、私にすごくしっくり来ました。

『死神さんとアヒルさん』ヴォルフ・エァルブルッフ
どういう組み合わせだ、と思いますよね(笑)
これも、ひたひたと迫ってくる死の気配を美化せず、でも悲しみを盛りすぎず、具体的に書いているところが良いです。
無慈悲だけど親しげな死神のキャラもいいし、イヤだと思いつつ普通に接してしまうアヒルもいい味出してます。

『しろいうま』やなせたかし
アンパンマンの古い紙芝居や絵本とはまた違った感じの絵柄で、渋みがあります。
季節の移り変わりや、雪と星の描写が美しいです。
山の雪が溶けて羊になって下りてくる、というところが神話的でいいなあと。


何を読んでもわりと良いなあという感想しか出てこないのですが、なぜ課題図書だけ……。
今の傾向に自分が合っていないだけなのか(⌒-⌒;
久しぶりに本の感想を☆
2017年07月10日 (月) | 編集 |
仕事で児童書をいくつか読んでいるのですが、初めて「青少年読書感想文全国コンクール」について詳しく知りました。低中高学年それぞれ4冊ずつ課題図書があって、それを読んで感想を書く部門と、自由読書部門があるんですね。
そういえば自分が小学生の時、森絵都さんの「宇宙のみなしご」を読んだのはここで紹介されていたからだったかな?

実際に課題図書を読んでみて思ったのは、当たり外れがあるなあ……と。
当たり外れというよりは、合う合わない、なのかな。
いや、でも、これは明らかに感想書きづらいでしょ、というのが混じっていて、何だかなと思っちゃいました。

2017年度の課題図書で、すごく良い!と思ったのは
「すばこ(低)」
「干したから(中)」
「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ(中)」
「転んでも、大丈夫(高)」
この4つは読みやすく、テーマも伝わりやすかったです。

他のもまあまあ良かったり、面白いところがあったりはしたのですが、何しろ同じような性格の主人公が多くて、ライトノベルみたいな感じで、これにどうやって感想文を……?と思うものもありました。
「霧の中の白い犬」と「くろねこのどん」に至っては、読み進めるのが困難なレベル(⌒-⌒;

その後で、自治体できちんと選書されたおすすめの本をいくつか読んだら、こちらは外れがなくて、長くても退屈しません。「肥後の石工」「ミス・ビアンカ」を続けて読んだのですが、どちらも普段全然読まないタイプの話なのに面白い……!
やっぱり選書って大事なのね、と思ったのでした。

そして今、村山早紀先生の「アカネヒメ物語」を読みました。
なんというか、これは……
好きな作家さんの作品って、無条件で涙腺崩壊してしまうものですね(T^T)
暖かくて優しいけれどそれだけではない、厳しい現実があるからこそ、見守ってくれる人の存在がありがたく感じられる、そんなお話でした。好き。
ルカリオVSエルレイド
2017年07月09日 (日) | 編集 |
パソコンのOSをアップデートした時に、HP作成ソフトをなくしてしまいました。
今はツイッターとSNSを中心に活動しているので、なくても困らないといえば困らない。
ですが一応過去作品を保存しておきたかったので、新しく作り直しました。

青い星シリーズやその他古い童話は消してしまいましたが、簡易な形でお引越し。

→Winter(入り口)

新しいソフトに慣れておらず、画像や文字が重なっていたり真ん中に合わさっていなかったりしますが、徐々に直していけたらいいなと思います(⌒-⌒;


* * *


さてさて今回もポケモンで。

バトルツリーのマルチについて再び。
CPUの賢さはどれくらいなのかという話を以前しましたが、今度は単純に、どの組み合わせでどのキャラをスカウトするのが良いかという話です。

ネットで検索すると、サン&ムーン共通で登場するキャラの中では、

・シロナさん(メガルカリオ+スカガブ)
・ミツル(メガエルレイド+スカガブ)

これでクリアしたという報告が多いです。

ではこの二人、どちらがいいの? という話になるのですが……。

この二人の思考パターンに差があるかどうかはわかりません。多分ないと思います。
となると、ルカリオとエルレイドの違いしかありません。

私は実は、スカガブ持ってるミツルをスカウトできていません(T▽T)
初手はメガエルレイドなのですが、控えがチルタリスなの。
でもまあ、ルカリオとエルレイドを比べることはできるので……ね!

では比較〜。

♡メガルカリオ♡
種族値 H70/A145/B88/C140/D70/S112
タイプ かくとう・はがね
特性  てきおうりょく(タイプ一致技のダメージが2倍になる)
性格  陽気
努力値 AS極振り
技   インファイト・岩雪崩・ブレイズキック・バレットパンチ
弱点  闘・地・炎

♡メガエルレイド♡
種族値 H68/A165/B95/C65/D115/S110
タイプ かくとう・エスパー
特性  せいしんりょく(怯まない)
性格  陽気
努力値 AS極振り
技   インファイト・岩雪崩・みちづれ・サイコカッター
弱点  飛・霊・妖

私は先発テテフなので、相手はやたらと鋼を使ってきます。
(ねえ、絶対こっちの手持ち見て選出してるよね・泣)
そんな時に横に格闘タイプがいると助かりますね。

テテフとの相性で見ると、ルカリオの利点は弱点が1つも被らないことと、浮いてる鋼にも炎技で対抗できること。
エルレイドは霊弱点が被ってしまいますが、フィールド効果でサイコカッターの威力が増すのと、みちづれで強引に一体持っていけるのが強みです。

結論から言うと、ルカリオのほうが安定します。どちらもインファ連発で耐久が下がってしまいますが、ルカリオは特性のおかげで超火力が出るので、やられる前に2体ぐらいは倒してくれることが多いです。それでも40階を過ぎると何もできずに倒されることもしばしば……なのですが;;

エルレイドは耐久面でかなり優っているようにも見えるのですが、実際にやってみると数値ほどの違いは感じられません。半減が少なく、等倍でもそれなりにダメージを受けてしまうので、結果的にルカリオより持たないことが多いです。
みちづれが決まると後続への負担を減らせるのですが、これが難しく、上から叩かれて一発で仕留められてしまうこともあります。

どっちにしろ、40階以上は辛いです(T^T)
初手でやられてしまう危険と常に隣り合わせなのが、極振りアタッカーの宿命ですね。

うちの主人公と並んだ時の絵面は、ミツルのほうがいいなーと思っていたのですが、やっぱりシロナさんと頑張って登ってみようかと思います。