好きなものを描いたり語ったりするブログです
こんなのもありました
2018年01月28日 (日) | 編集 |
ハリポタ小説といえば、2015年のハロウィンにこんなのも書いてました。

「闇の魔術に対するおいしいお菓子の作り方」

こちらはレギュラスではなくハリーの視点で、過去ではなく原作と同じ時代のお話です。
軽い読み物なので、原作を知らなくてもさーっと読めそうな感じですが、一応補足を。

「闇の魔術に対する防衛術」は担当教授が1年もたずに辞めるor死んでしまうジンクスのある科目です。
なので原作では、ハリーが在学している7年間、毎年教授が変わっています。

1年目クィレル、2年目ロックハート、3年目ルーピン、4年目にせムーディ(バーティ)、5年目アンブリッジ、6年目スネイプ、7年目カロー、といった具合で、およそ半分以上がまともな人物ではありません。

この7人をまとめて「DADA教授陣」といって私は愛でているわけですが、このお話では7人の授業をそれぞれお菓子作りになぞらえて、架空の料理教室に仕立てました。

この時代には、レギュラスは亡くなっています;;

この頃あまり書いていませんでしたが、やっぱりハリポタ二次も楽しいのでまた書きたいです。
次はポケモンにするかオリジナルを進めるか、まだ決めていないのです〜。どうしようかな。

DADA集合絵

あ、これだとバーティがいない。


学生時代のバーティとレギュラス載せておこう・笑

クラウチジュニア


レギュラスに殺される


めっちゃ過去絵ですみません;
絵もまた描きたいな〜!
久しぶりのハリポタ
2018年01月27日 (土) | 編集 |
昨日1/26はロックハート先生の誕生日だったので、半年ぶりにハリポタ二次を書きました。
一番ハマっている時は、好きなキャラを好きだと言うのに、なんとなく照れくささを感じるものですが、少し落ち着いている時は、堂々と「このキャラのファンだから!」と言える不思議。

「ロックハートにケーキを作ってあげる話」

レギュラスが恐ろしい料理を生み出すだけの話なので、ハリポタ知らなくても読めます。
(魔法とか場所とかの用語がめんどい感じはするけど)
うちのレギュラスはほぼミツルと同じ性格なので、ポケモン二次が読めればおそらくこちらも問題ない・笑

実際には、この二人が在学中に交流していたとはとても思えないし、接点もゼロだったと思います。
学年は3つぐらい違うのかな?
何しろ寮が違うので、話すこともなかったんじゃないかと。
スリザリン生とレイブンクロー生って、どんな感じの関係なんだろうね。

ロックハートがクィディッチのシーカーをやっていたという話が嘘でなければ、試合のたびに顔を合わせたとは思いますが、おそらく嘘ですよね……。
万が一にも本当だったらすっごく面白いんですけど。でもあの人の言うことはほとんど嘘だから(≧▽≦;

悪い人じゃないけど小物でハタ迷惑なキャラって可愛いよね。
あれ? ザオボーさん??
いやいや今日はロックハート先生です・笑

ロックハート誕生日2018

感想を書くのが難しいわけ
2018年01月24日 (水) | 編集 |
私は感想をもらうのも送るのも好きなので、書く時は特に抵抗なく思ったことをさらさらっと書いちゃいます。
もちろん私にも、感想を書くのが難しい時はあります。

・作品が難解
・相手が嫌がるかもしれない
・時間がないor更新が速くて読めない

こういう場合は感想を書かずにあきらめてしまうこともありますが、基本的に好きな作品には好きと直接言ってしまう人です。相手が有名だからとか、上手だからとか、そういうことで躊躇する気持ちはあまりないです。
(躊躇しろよ!という空気がビンビンに漂ってるとやりづらいですが;)


でも、世間ではもっと、感想を書くのは難しいことだと思われているようなんです。
「きちんとしたことを書かなくちゃ」「間違えたらいけない」という意識の高い人が多いんですね。

なぜそんなに難しく考えるんだろう、と長らく不思議に思っていたのですが、教育現場で働いてみてわかったことがあります。


国語の時間。

文章を読解するには、書いてあることを正確に読み取ることが求められます。
かならず教科書の本文に線を引っ張って根拠を示し、「ここに書いてあるから!」と言った上で答えないといけないんですね。

つまり国語の授業やテストで求められているのは「感想」ではなく「意図を読むこと」なんです。
ここの違いがわからないまま大人になってる人、けっこういない?


授業でもテストでもない時は、なんでも好きなように読めばいいと思うんです。
読むほうも書くほうも根拠なんかいらないし、「なぜそうなったのか」なんてどうでもいい。
感想だって、好きなことを書くのが一番です(相手を傷つけることはダメだと思ってます)


作者の意図を読むことばかりが求められる指導要綱ははっきり言って気持ち悪いし、読み方に良い悪いを決めることは傍から見ていてもつらいです。

せめて趣味で読んだり書いたりする時は、みんなが自由であってほしいです。


私は、自分の意図とまったく違う感想をもらっても面白くて喜んじゃいます。
あっそっちの解釈のほうがいいかも、と思うこともあります。
人によって読み方が全然違うとそれも興味深いです。

つまり感想は全部嬉しいです。単純。
感想を書く側はものすごく大変なんだろうなと思うし、感想をいただく価値のある作品を書いていないかもしれませんが、いただいたら感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思っています。


りんごパンとギーマさん小さいの

ザオボーさんΣ(T□T)
2018年01月21日 (日) | 編集 |
ポケスペという漫画がありまして。

赤緑時代から続いているポケモンの派生作品なんですけど、私はまったく読んでいません。
読んでみれば面白いのかなとは思いますが、どうにもこうにもシリアスな設定と世界観が苦手なもので。
初代のジムリや四天王が軒並み悪に染まってたり、オリキャラの女の子がやたらと活躍してたり、ギーマさんが占い師だったり、カトレアちゃんがホラーだったり、興味深い部分はあるのですが。

さて、そのポケスペが今も続いているらしく、ちょうどザオボーさんが登場したそうです。

で、見事にシリアス改変されてメンヘラキャラになっていたとのこと。

ひえ〜〜〜! それだけは嫌。絶対に見たくない!
ザオボーさんはメンタル安定してるところが好きなんですってば。
リーリエもメンヘラにされたらしいので、ポケスペはそういう作品だと思ってこれからも手を出さないのが自分のためなんだろうな。

驚くべきことに、世間のザオボーファンはこれを喜んでいるらしいです。
私、ザオボーファンの方々とはほぼ交流したことがないのですが、公式から供給されるザオボーさんは全て受け入れる覚悟でいる人が多いようです。すごいなあ。


ザオボーさんきょとん


そんなこと言いながら、私も二次創作では相当おかしいことばかりしてますけどね。
ピクシブはともかく、プライベッターでは狂人と化してますよ・笑

あ、でも、ここ数日は珍しく異常性の少ないプライベッター作品を書いてました。
うちのサンムーン主人公たちが、ギーマさんやライチュウを弄って遊ぶ話です。
あくまでも異常性が「少ない」だけなので、閲覧は自己責任で。
なろう作品やピクシブのミツルと同じ感覚では読めないと思います。

1・だってギーマさんが好きなの

2・ひじきご飯とコッペパン

これでも本当に、プライベッターの中ではまともです。
カミングアウトいたしますと、普段は好きなキャラに失禁させて喜んでるようなド変態でございます。
ようやく自力で
2018年01月18日 (木) | 編集 |
ウルトラワープライドを練習しています。
相変わらず下手なのですが、初めて色違いをゲットできました!
親名が「マリン」の色違い、お初です!

ユキノオー

やったー!
先日から少し気になっていたユキノオーさん。
霰パでも組みましょうかね?
ガブ頼みの私には縁遠いんだが……。

出現した時「えっなんか青い……?」と思い、ワンテンポ遅れてシュピピーンと光ってあわわわわっとなりました。
思わずロトムパワーを使ってしまった。
捕獲パワーあんまり出ないですよね〜;;


ツリーも進めていましたが、こちらはパッとせず。
タスキテテフは慣れてくるとスカーフテテフよりも動きやすく、先発に向いていると感じますが、それでもやっぱり鋼相手には出したくない。。。
で、ククイのジバコを見てガブに交替したところ、ラスカノでHPを半分以上削られ、この時点で負け確定でした。
うぅ〜30戦目でやすやすと負けたくなかったな〜。

というかあのジバコ強いね!? 普通に前作からいる控えめチョッキ型だけど、特性が頑丈なら大当たりだと思います。
あのジバコとスカガブの組み合わせでミツルをスカウトしたい!!(ククイじゃダメなんかい)

あとね、まもる+回復技の組み合わせがものすごく嫌。
これって私が前作で使ってたカグヤの戦法なんだけど、今回の道中ではドレディアやらヨワシやらにこれをやられて押し負けそうでした。こいつらガブの逆鱗を軽く耐えるんですよ……。


難しい話をしてたら寝ちゃいました。

ボヌールのケーキから落ちたギーマさん